【早朝覚醒に対処】ボディスキャンで脳を沈静化、充実した一日を過ごすために。

土日はFXのチャートや株のトレードアイデアの検証、投資対象企業の調査をするための時間を多く取れるため、ワクワク感をおさえきれずに朝早く目が覚めることが多いです。

ただし、3時前に目覚めて勢いに任せて仕事に入ると、10時前あたりから脳の切れが悪くなり、昼寝をしても倦怠感が残ってしまいます。

早朝覚醒しそうなときは、充実した一日にするためにもそのまま起きないようにしています。睡眠不足のときは目の痛み・重みとして顕著にあらわれるので、まずはこれらのサイン(体の軽い悲鳴)を確認。

それからマインドフルネス瞑想の一つである「ボディスキャン」をしながら、体が起きたがるのをまちます。自律神経と関係するのですが、このタイミングを無視すると一日の質に雲泥の差が生まれます

以前は勢いに任せて1時間半くらいは、アイデアを検証したり調査したり、一気に進めてやった感はあったのですが、この時間に行ったことは頭に残らない。結局、書きなぐったような内容を確かめることになっていました。

そして、体調がもたない。。。昼前からだるくなるし脳が働かなくなってくる。なんとかやりきろうと思って寝ないでいると異常にお腹もすいてくるしで、悪循環に入っていきます。

ここでおやつなど食べてごまかしてしまうと免疫力が下がり、本格的に体調を崩すきっかけになっていいことなしです。

ボディスキャンで早朝覚醒に対処するメリット
・一日の質をたかめる
・自愛の心が高まる 体の 感覚に敏感になり 不調がないかを知れる
・痛みがあったとしても ネガティブな感情を抱くことなく 受け入れることができる 必要なら 医師に相談するなど 速やかに対処できる
・エネルギーの高まりとともに一日をスタートでき、そのまま充足度の高い時間を過ごすことができる。

長期投資と同じ考え方です。早朝覚醒に身を任せて行ったこと、その数時間に何か進んだとしても、脳に残らない。そして、この時間に行ったことは積み上がっていかない。

ですので、ボディスキャンで自制して、しっかりと心と身体の調和を意識することが大切。早朝覚醒を癖づかせないようにすることができます。

睡眠障害とされる早朝・中途覚醒もある意味思考習慣の一種であると思います。精神的に深刻な状態になる前なら、意識して治していくことができると考えています。

現に僕自身もこれに身を任せていたらまた癖づいてしまうので、今でもボディスキャンで元気な体と心を保っています(^^)

天気:薄曇り、満遍なく広がる雲、月と星は見えない。
ボディスキャン時間:気の向くままに。計っていない。
室温と湿度:18.3℃、74%(換気していないので高め、ボディスキャン終了時3:36)