デイトレーダーKuan(クアン)の自己紹介

デイトレーダーKuan(クアン)の自己紹介

こんにちは、クアンです。
平日はずっと相場とともに過ごしているデイトレーダー(株9.5割超、FX0.5割未満)です。

社会人になって2年未満の間に二つの会社を辞めました。アルバイトでも人間関係がうまくいかず、ほとんど長続きしませんでした。

リア充とは程遠い生活を送っています。そんな僕の居場所が相場です。想定したトレードができないと苛立ちますし、想定したトレードを完遂できると、心から満たされる感覚になります!

周りからみたら変な人なのかもしれません。

辛いことがあったとき、トレードで自分に負けたときに遠くに散歩へ出かけると、やっぱし相場に帰りたいと、フツフツと自然にそう思える場所です。

とくに贅沢したいとか思わないので、投資やトレードで稼いだ人にあるあるの派手な写真をのせる予定もないです。 

自己成長のため、株のデイトレ想定等に役立つ内容を中心に記事を書いています。地味なブログですが宜しければご参考ください。

特にFXで長期時間軸優先のダウを徹底した水平線トレードをされていて、株に移りたく考えているデイトレーダーさんにお役立ていただけるかと思います。

なぜFXとCFDから離れたのか?

以前のプロフィールでご紹介したとおり、もともとはMT4を愛用したFXとCFDのデイトレばかりをしていました。

→ 2021年9月26日のプロフィール

FXが軸でCFD(主に米国と日経225)をプラスしながら、午前の稼ぎを激増させたく、株のデイトレに挑戦し続けていました。

はじめは株のデイトレでも、長期時間軸を優先した水平線トレードで稼げるだろうと安易に考えていましたが、僕の甘い考えは見事に打ち砕かれました

とにかくお金を失い続けて、もみくちゃにされながらも、ようやく株のデイトレで稼げるようになった感じです。

なぜFXから離れるのか?

朝型人間だからです。FXを専業にしていたころも、夜が辛いと感じていました。含み益があるときは心躍っていますし、そろそろエントリーだなってときには集中するので、夜遅くまで僕を支えてくれてる体の声を無視できますが、

欧州からNY市場まで相場に臨んで、逆指値して放置しておけるなと判断できるまで、最低でも30分単位で確認します。

そうすると翌日にどっと疲れがでてきます。そして緊張感なくなる土日に不調があらわれることも多々ありました。

すごく体調を崩したことがあって、長いトレーダー人生を考えていたときに、稼ぐために必要なことは午前に完結させたいと強く思いました。

やはり健康第一です。深く自分の純粋な気持ちや体と対話した初めての体験だったように思います。

FXを続けるならアメリカに住むしかないなとも思いました。ただし学生のころにアメリカへ行ったのですが、当時から日本でも人間関係を築けていないですから、当然むこうでもダメダメでした。

そして今でも英語話せません。楽しい日常生活を想像できませんでした。欧州についてはネットで色々調べたものの、今よりも心が満たされる生活を想像できませんでした。

一方で中国や東南アジアへ行ったときには、しっくりくる直感がありました。不思議なことに言葉が通じなくても、対人関係が苦手でも、不器用なりにやっていける自信がありました。

特に東南アジアの暖かく迎えてくれる感じ。ゆったりした時の流れが好きです。日本と2時間程時差があるので、向こうに暮らせば午前7時から株のデイトレを始めて、13時に大引けを迎えることができます

大引けまでには決着していることが多いので、ほぼ午前に稼ぐことを完結させることができます。そうすると、午後からは相場の振り返りや予習等に時間を充てられます。

最近は人間関係を築いていくこと・深めていくことに挑戦したいなと、ふつふつ気持ちが高まることがあるので、そういうことに時間を使っていきたいなと思っています。

またその時がきたら報告させてください。長文ですが、ここまでお読みいただき、本当にありがとうございます^^

Posted by kuan