【ポンドドル】5・20日線拡散時は狙い続ける | 主役通貨の見極めの重要性

とにもかくにも、20日線が傾いている方向に5日線が勢いづいている5・20日線拡散に逆らわない方が良いです。長期時間軸の節目が明確にある限り、何度もしつこくエントリーを狙っていきます。22日はポンドドル、ユーロドルは「ユーロドルのテクニカル分析(9月22日)| ポジポジ病を防ぐシンプルな4時間足ダウの考え方」の通り下を固める動きをみせていたので、こちらを優先します。

主役通貨見極めの重要性 | 時間軸がずれていないか?

2021年9月23日 ポンドドル 全体チャート全般クロス円が強く、ポンド円が上昇していたのが大変きがかりでした。つまり、ポンドが主役になっておらず、ポンド円とポンドドルの値動きがちぐはぐに。このときは強気に攻めず、裁量撤退も考えながら値動きを監視していきます。

結果的に見送ったのですが、環境的には終値ベースで日足陽線始値1.36194をつけにいくことが想定できるものの、ポンド円とのちぐはぐ感、そして下落モメンタムの低下より、時間軸がずれている感覚がまとわりついていました

ショートエントリーするのなら欧州時間の1.36467抜けで、ポンド円の動きに注意をしながら。逆行してきたら潔く建値撤退をすると決めて。デイトレではとれなかったものの、トレードする時間帯に対象通貨が主役になっているかを見極めることの重要性がわかる1時間足以下のボラタイルなチャートになっています。

9月20日との違いをポンド円も合わせて確認されると、買いの反対勢力がない環境、値幅を狙える環境でのデイトレの安全性が分かりやすいです。昨日は安値圏で買いも入りやすいのでデイトレでは建値前撤退となりますが、結果的に日足型のとおり、週足始値の1.36194に到達して落ち着いた値動きになっています。