押し目待ちに押し目なし | ナスダック100の抵抗線ブレイクに対する考察

21年9月6日ナスダック100の15分足チャート15680Pあたりのティック回数(≒株の出来高)多い抵抗帯に何度か弾き返されて、2日、3日と弾き返されたものの、本日は高値圏を維持して15分足で三角保ち合いでした。15665.2抜けで15分足1時間MA拡散は想像できるものの、上髭に引っかかりそうで入ることをせず。ブル相場では押し目待ちに押し目なしなので、エントリーポイントができたら入れていかないといけないと反省です。全戻りしてから改めて底値を固めて1時間足以下でネックラインを作ってくれると狙いやすいのですが、この思考があったから入れていない。