中国A株価指数50のエントリーポイント(9月6日)| 4時間足ダウ転換サインからの上急伸取り

中国A株価指数50CFD(CHINA50)はボラタイルではありますが、値動きをずっとみていると見慣れてきますし、上髭下髭のなかにしっかりとエントリーポイントが作られてきます。アジア時間にトレード対象を増やしたい方におすすめです。それではエントリーポイントを見ていきましょう。

4時間足ダウ転換サインからの上急伸取り

4時間足ダウ転換サインからの上急伸取り
9月1日に大陽線で4時間足が高値を更新して戻り高値を作りました。その後実体ベースで高値圏を維持しており、4時間足以下からダウを転換させていくサインになっています。9月3日には4時間足の実態ある十字線ぎみのローソク足でさらに高値を更新しており、本日に至りました。

寄り付き前から1時間足高値15193.8を作っており、抜けたらモメンタム高めて高値を更新していくことがそうぞできます。1時間足も収縮してしっかりエネルギーを貯めており、1時間と4時間MAの拡散も美しいです。

寄り付いてから下にふらされますが、上記の通り売りはないので惑わされずに値動きを追っていきます。CHINA50はボラタイルなので専業のかたは監視して成り行きが良いかと思います。証券会社によりますが、枚数多いと入らないでしょうし、売買代金もあるのでスプレッドが台湾のように異常に広がったりもしないので、そのときの状況に応じて使い分けるのが良いですね。

損切は15077.6ですが、上昇モメンタムに合わせて一気に駆け上がる想定ですので、売り圧力に屈するようなら潔く撤退です。ここは損切までまつところではないと思います。第一目標は15356.2でプライスアクションをみて利確です。週足節目15787あたりまで持ち上げていけるかどうか追跡していきます。