ドル円のデイトレ想定(24日分)順張りデイトレの基本の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年1月23日 ドル円 チャート

ドル円、基本の順張りデイトレについて

2022年1月23日 ドル円 チャート現在のドル円113.684円は日足で売買を交錯させて価格帯に入っており、価格節目113.5円からは過去2回反転上昇をしている。東京市場から早速売り込まれてきたときの安値割れはリスクリワードが悪いので、4時間足を軸にした順張りデイトレなら戻り売りに徹する日。

よって東京時間で早速安値割れしたら下落モメンタムにのって入れていくかは、113円を目標にして、15分足以下で節目を定めること。最近は株価指数の変動に合わせてドル円が上下しているので、日経225がさらに下落するようならドル円もひっぱられていく。

東京時間に底堅く推移して欧州時間にむけて上昇するようなら114円や114.132円が抵抗線の目安。資金管理をして逆張りの売りを入れるのも良いが、確実なのは30分足や1時間足で安値(※)を作ってから。日足と4時間足は下降トレンド中なので、(※)を抜けるときは1時間足以下のトレンドが4時間足と日足のトレンドに戻るとき、つまり長期時間軸の流れに再度帰っていくときとなります。

114円を超えると1時間足以下の下降ダウが明確に崩れるので時間調整に入ります。113.5円上で一旦の上昇も考えながら両方向の可能性を探っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。