コマツ(6301)のデイトレ(1月5日)

コマツのデイトレ想定と内容

2022年1月5日 コマツ(6301) 全体チャート・昨晩のNY市場における業種別パフォーマンスで「トラック/建設/農業機械」の上昇率が4.80%と最も高く、時価総額トップのキャタピラー(CAT)が5.35%、2番目のディア(DE)が6.05%。値動きはキャタピラーのようにギャップアップ寄り付きからの大陽線をイメージする。
・東京市場は昨日からバリュー株への資金シフトが顕著になっており、機関投資家が業績がしっかりしている歴史ある銘柄へ資金を循環させている流れ。機械は出遅れセクターの代表である。
目標値6%弱上昇の2900円、キャタピラーに合わせる
・寄り付き約2%ギャップアップ2800円上で少なめの買い(1)。気配値や地合い、キャタピラーのイメージより問題ないが、できれば2800円下から資金が入ってくるときに2800円抵抗線ブレイクを考えていたため。機械セクターに親しんでいないため、このギャップアップ率や勢いの保ち方に不安があった。
先の数日間をみるとコマツは大引けの出来高に対して寄り付きは半分以下だが、本日は昨日の大引けなみの出来高で十分な買いが入っている。2800円上で売買をこなして9時12分に買いがはいってきたところで追加(2)。2860円目前で売りが降ってきて2820円でもたついているところで追加分決済。特に利確を急ぐポイントではないが、コマツの値動き特性を知らないため着実にとっていく。
・すかさず買いが入ってきて2820円を抜けていく過程で追加(3)。高値更新して利確が入り2840円で売買をこなす間に小さなネックラインを形成、これを抜けていくところで追加。2860円に到達して出来高激増の陽線確定。上昇過程において出来高激増の陽線は一旦の天井サイン。その後に売りが降ってくる過程で全利確。
・後場寄り直後にネックライン抜けで買い(5)。この価格帯の上で15円幅でボラタイルになりながら2880円にネックラインを作る。この水平線を抜けるところで追加(6)、大引け直前に全決済。
・出来高:5,058,700 株、売買代金:14,475 百万円
※本記事は自己成長のため、現時点で理想とするデイトレポイントをまとめていることをご了承ください。その上でデイトレ想定などにお役立ていただければ幸いです。

コマツの1分足チャートとデイトレポイント

2022年1月5日 コマツ 1分足チャート

デイトレ

Posted by kuan