住友金属鉱山(5713)のスイングについて(12月21日以降)

住友金属鉱山は仕切り直し

2021年12月20日 住友金属鉱山の日足チャートこちらの記事「住友金属鉱山(5713)のスイングについて(12月20日以降)」のフォローです。

住友金属鉱山(5713)はの板を8:40前までしか見えていませんでしが、大型が総じて弱いのに強かったので明らかに騙し。同セクターのDOWA、三菱マテリアル、三井金属鉱業は総じて弱かったので、スイングの対象外としました。

地合いが良くGUで前日陰線始値上なら4600円ブレイク想定も検討しましたが、結果は大陰線です。長期時間軸の節目上限4600円抜けを完全に否定されました。一方で、高い出来高を保っているので、4300円の日足もみあいを意識した買いが入っています。

スイングは買いも売りも終値ベースで入れられないですね。デイトレも同様で売りと買いがぶつかり合う価格帯に突入して対象外です。

明日以降は何を支持線または抵抗線にするか、それとも日足以下で方向感がなくなって、4600円上限のレンジ、下限目安はまずは4200円になるのか。明日以降の値動きと日中の買い売りの強さをみて判断していくことになります。

スイング

Posted by kuan