お金ジャブジャブ相場で浮かれない!日経225の押し調整目安【長期投資家目線】

いつもデイトレで当日の地合いよみのみに集中していますが、今回は長期投資家がどこで本格的な買い出動するのかをテクニカルでとらえて、押し調整目安を考えてみます。

相場では何事も起こりうることを忘れず、安易に前のめりなスイング玉を保有しないに気をつけます。

日経225CFDの月足チャートと押し調整目安の節目

2021年12月5日 日経225CFD月足チャート日経225CFDの月足チャートです。日本経済が成長を続けるならば、シンプルにこの斜線を意識して株価が上昇していきそうですね。コロナショックは例外として、この斜線で綺麗に反発しています。

27000円あたりが強い支持帯になっており、これを割ると25700円あたりに日足で売買をこなした節目があります。25700円と月足斜線が一致してくるので、短期値幅調整の際の目安になります。

何らかのショックが起これば25000円までアンダーシュートしそうですね。そしてコロナショックようなことがあれば、23500円が目安になります。

日経225CFDの週足チャートで値幅・日数調整を考える

2021年12月5日 日経225CFD週足チャート値幅調整としては、27000円あたりの支持帯を割るN字を考えておきます。高値30800円-安値27000円=3800円、30000円-3800円=26200円となります。26200円は強い支持線ではないので、さらに差尾kまれて月足チャートで示した25700円が目安になります。

一方で27000円上下で売買をこなして固めながら日数調整をすると、月足でみた上昇斜線と重なり始め再上昇の体制が整います。もちろん、ファンダメンタルが重要ですので、長期上昇の終了もあります。

月足と週足をみると、いまは安易なスイングポジションは厳禁ですね。週末はNY市場も下落していますし、強かった半導体が調整にはいりそうですので、デイトレも前のめり強気一辺倒に注意ですね。

日経225

Posted by kuan