日足高値切り下げ、4時間足下降トレンド確定トレードのエントリー条件

日経225CFD(JP225)は長期時間軸の節目29048円を抜けてから上昇幅が小さくなり、日足陰線のコマが確定。そして、1時間足が安値を切り下げて収縮しており、新たに作られた1時間足の安値かつ4時間足の小さな安値29203.6円抜けて一旦深い押しに入る流れができていました。

僕は4時間足を軸にした順張りを徹底しており、東京時間からの急落を完全に見るだけにしていたのですが、これは日足の高値切り下げを4時間足の下降トレンド確定させる順張りデイトレとして採用するためにブログにしました。

本トレードは【下放れ叩き売り】直線的上昇・ジリ上げからの急落想定とエントリー方法(日経225CFD)の時間軸を長くしたものとなります。

日足高値切り下げ、4時間足下降トレンド確定トレードのエントリー条件

2021年10月21日 日経225CFD 東京時間の急落チャート長期時間軸優先の順張りなので、週足以上は大きなレンジまたは下降トレンドが条件です。JP225は月足がレンジで、週足は急落からの戻り調整中のなかの急落でした。

日足は押し調整が意識されるなかでの陰線のコマ。本日も陰線確率が高いことは想像できます。

強い買いは29048円と28808円割れあたり(1時間足が収縮している価格帯)からなので、29203.6円からの値幅は十分。
29052円割れは下降トレンド形成加速入りとして入っていきます。

10月19日との大きな違いは1時間MAが下向きになっていないことです。ただし陰線確定の翌日ですし、1時間足の安値を作っているので狙っても良いと思います。総合的判断が必要なところです。

2021年10月19日 日経225CFD急落叩き売りの入り方

担ぎあげをくらわないためのエントリー方法は、1時間足安値(白単線)を抜けてからの戻り調整を見ること。このときに高値を切り上げることなく再度下落してきて、新たに作られた安値を抜けたところでエントリーです。エントリー方法は先の参考記事「下放れ叩き売りのエントリー方法」をご参考ください。

本日もそうですが、5日線ががんがんに上へ勢いづいているときのショートは危険極まりないです。ですので、総合的判断力が問われます。

長期時間軸優先のダウ分析、そしてデイトレに1時間MAの角度の重要性が分かる比較材料として、ナスダック100CFDのチャートを貼っておきます。同じところで売りエントリーをしても値幅がでないことが明らかです。チャートの強さは ダウ30CFD > ナスダック100CFD > 日経225CFD です。今後の値動きを確認して、このトレード手法の有効性を確かめていきます。

2021年10月21日 ナスダック100CFD 全体チャート