【新高値】インド株価指数50のテクニカル分析(10月11日)

インド株価指数50CFD(INDIA50)は新高値に突入しています。上値抵抗のない真空帯!高いから更に買う姿勢で、初動を逃さないように監視していきます。

17610.1ドル上で高値更新を狙い続ける

2021年10月11日 インド50CFD 新高値チャート
まずは日足上昇チャネル内における4時間足上昇チャネル内での上昇トレンド継続を考えます。

ギャップアップして始まった場合は、17875.8ドルが支持線として働くか、反発の強さを確認して判断します。この上でレートが推移する間に1時間が高値を作るようなら、買いで入ることを考えていきます。

一方で先週は、1時間足以下の上昇モメンタムを低下させて終わっているので、1時間足の終値が17875.8ドルを割れて確定すると、短期の売りが入って4時間足も陰線になりそうです。

支持線目安が17794.8ドルで、ここからの反発を見ていきます。この展開に入ったらデイトレーダーの方は時間軸を長くして、4時間単位で流れを見ながら、1時間足の波、抜けたら伸びる高値が作られるかを随時確認します。

あとは段階的に支持線を確認していくだけです。17736.8ドルも目安になります。17610.1ドルは強い買いが入ってくるでしょうから、この上で日足終値が確定する間は新高値更新を狙い続けていきます。

ど天井の高値づかみを防止するためにも、時間軸のズレがないか注意。そのために支持線からの反発、ダウの崩れがないか。丁寧に確認をすることが大切ですね。

関連記事:【新高値】インド50のトレードポイント | 損切りからの全戻り(10月11日)