ドル円のトレードポイント(10月8日)| 段階的支持線固めからの続伸

5・20日線が上拡散済みで東京市場から高値更新を目指す流れです。段階的に支持線上で値を固めてから再上昇へ向かう理想的な流れになっています。

ドル円のトレード解説

2021年10月9日 ドル円 全体チャート昨晩にNY勢力が買い上げてくれて、4時間足の陰線始値111.575円、1時間足のレジサポ転換線の上でレートが推移。高値圏でのもみあいは強い証拠です。

111.302円で固めてからのネックライン抜けから、続いて111.575円での底固め。段階的に着実に支持線上で値を固めてから上昇へ向かっています。

目標値:高値更新、112円が目安
ロング:111.650円、損切り:111.487円(切らされるリスク回避のため安値より下に設定)
決済:112円目前で値動きが弱っていく所と15分足陽線始値割れ

建値まで強い支持線が作られていない中、米国の非農業部門雇用者数変化[前月比]をはじめとした重要経済指標発表があるので、全戻りを食らう可能性も高いです。

デイトレであれば、値動きが停滞したところや基本の15分足安値割れ(エントリー時間軸基準)で区切ります。

ボラティリティを追わなくて良いトレード手法とは

トレードを始めて間もない方へ。FXのデイトレ手法はスキャルと欧州やNY時間のハイボラ相場を主戦場とするデイトレと、僕たちのようにダウを徹底した順張り水平線トレードに大別できます。

何が良い悪いとか、どれが稼げるとかではなく、何が自分にしっくり来るかを常に意識して色々と試されることを強くおすすめします。そしてさらにその手法を最適化していく、もっと奥深いところへ進んでいきます。

こちらの記事「デイトレの幅を広げるために自分を疑う【脳のクセ、統一・一貫性をゆるめる】」でも簡単にふれましたが、心地の良いトレード人生を歩むためには直感を信じることが大切であったりもします。

さて、4時間足を軸にした順張り水平線トレーダーなら共感していただける、ドル円の1時間足、美しい支持線固めチャートで本記事を締めくくります。

2021年10月9日 ドル円 支持線固めチャート