ドルカナダのフォロー(10月4日) | ショートを相当慎重に狙う理由

昨日の記事「ドルカナダのテクニカル分析 | 1.25247(100Pips超)をつけに行くか」のフォローです。

ドルカナダは高値更新しないものの、安値切り上げになっており、いまは日足のレジサポ転換帯でもみあっています。
2021年10月4日 ドルカナダ 全体チャート目標値を1.25247加ドルとしてここから新規で入ろうとしても、抜けたら伸びる水平線がないため様子見になります。4時間足を軸にしたデイトレの場合、このままジリジリ下げていくものは手を出さない方がよいです。

今朝の上昇で1.26263加ドルが1時間足以下ではひっかかります。また下げ幅も小さくなってきており、この日足レジサポ転換帯あたりから、ボラを高めて強い買いが入ってくる可能性あります。

つまり、デイトレでは機能する損切り設定もできず、リスクリワードを明確にできないチャート形状になっています。

資金管理をして入れていくというのも一つの手ではありますが、僕は基本的にこれをやらないので、4時間足の下降ダウが崩れるまで、本日は以下の二つを考えて見ています。

・このまま下がる場合、下に抜けきってからの戻り待ち
・ボラを高めて上昇してから、上値を抑えられるのを確認。その間に1時間足安値が作られた時

前回記事のフォローは以上です。