【レンジ内順張り】日経225のエントリーポイント(9月30日)

日経225CFD(JP225)は週足以上が上昇トレンドの中、日足以下は下降トレンド。週足以上の節目からの反発に注意してレンジをイメージ、その枠内で順張りをしていきます。

売りはシンプル、買いは前日の強さが支えとなる

2021年9月30日 日経225CFD 全体チャート4時間足を軸にした順張りトレーダーの方ならショートは素直に狙っていけます。週足以上の環境分析をしていれば、節目の反発の強さや15分足の高値抜けで全決済です。

その後の買いについては、いつも値動きをみていると比較的安心して入っていけます。前日の買いの強さ、参考程度にティック回数にも表れており、値動きをみていてもとにかく下がらないことが分かりました。5分足でWボトムです。目標値は29719.2円ですが、その前の29533.5円や29595.4円で売りが強く押し切られるようなら終了です。

週足以上に対する順張りですが、日足・4時間足・1時間足に対する逆張りで、一旦の戻り調整を狙った短期順張りトレードになります。

値動きもイメージして29424.7円抜けて 伸びていかないようなら直近安値割れ損切りは絶対です。(※伸びていかないなりもにも伸びていきそうな値動きなら大丈夫です。毎日見て親しんでいないと判断が難しいところです。)