エントリーポイント,ユーロドル

デイトレに追いて日足の形状をある程度予測することは大変重要で、もっとも分かりやすいので5・20日線の拡散を明らかに想像できるときです。合わせてこのときに求められるのが、到達する目標値の定め方となります。

トレンド形成が加速 ...

オージードル,テクニカル分析

4時間足を軸にした順張りのデイトレードをする中で、日足トレンドとは反対方向に4時間足がダウ転換して、再度一気に日足方向へ4時間足ダウが戻されたとき、デイトレに適しているか迷わないようにするための内容です。

具体例として本日 ...

エントリーポイント,ユーロドル

安値を更新し続ける通貨ペアに対しては、長期時間軸の節目を明確にして値幅を確保したエントリーポイントから狙っていけば、短時間でRRの良いトレードをできることがメリットですね。

昨日のユーロドルの場合、週足大陽線の始値が1.1 ...

エントリーポイント,米国ナスダック100

米国ナスダック100CFD(US100)は4時間足が安値切り上げて高値更新(レ点)からの急落。日足は高値切り下げで5・20日線の下拡散が想像できるものの、4時間足を軸にした順張りトレーダーとしては慎重にショートポイントを探っていくとこ ...

エントリーポイント,ドル円

今朝の記事「【週足鍋底脱出】ドル円のテクニカル分析(9月28日)」より上目線、週足陰線始値110.943円上の高値圏を維持しているのは強くなるサインです。

長期節目を明確にして、強い通貨ペアを攻め続ける

高値圏だからトレード ...

テクニカル分析,ドル円

通貨ペアの強弱はクロス円>ドル円で、通貨はオージーとカナダが強いのです。一方で長期環境の面からドル円の上昇しやすくなっているので、ドル円のロングに備えてテクニカル分析をしていきます。

なお値位置は違ってもクロス円考え方はお ...

ユーロドル

本日のユーロドルを通じて、長期時間軸を優先したダウ理論に基づいた環境分析の重要性、その延長線上にある支持線の強さを見極める精度の低さを再確認しました。

週足の足型からポンドドルのショートを考えていたのですが、先程の記事「【 ...

テクニカル分析,ポンドドル

欧州市場が開く前から欧州通貨に売りが入ってきました。ドルスト<クロス円、ポンド<ユーロなので、ポンドドルについてテクニカル分析をしていきます。

レジサポ転換帯に位置、4時間足は安値切り上げ可能性あり

日足以上を見ると値動きに ...

習慣

トレードは大金を稼ぐ手段、高級料理、時計、車、ホテル、自由にいつでも海外へ!
などなど、読者さんにワクワクしていただけるような過ごし方はしていません。

スキャルはしませんが動くチャートが好きで、デイトレに夢中になっ ...

テクニカル分析,日経225

日経225CFD(JP225)について、昨日の記事「9月27日、東京時間の日経225、まずは3つの想定、値動きに合わせて修正」のフォローです。1の想定の通り抵抗帯(レジサポ転換候補)に入っていることからジリ上げにはついていかずに様子を ...