【超簡単】デイトレーダーが相場・チャート・値動きに脳内を支配されていないか確認する方法

早速ですが、デイトレで疲れきった目をいたわりながら、脳内が相場・チャート・値動きに支配されていないか、簡単4ステップで確認してみましょう。これができないと、脳が侵されたヤバイ状態です。

1.手のひらの手根を温めてください
2.両目を閉じて、まぶたに温めた手根をそっと優しく当ててください。
3.10秒間、手根からまぶた、そして眼球へと伝わる温かさを感じてください。
4.3のときに、他の感情・思考がよぎらなかったか、温かさのみを感じられたか確認してください。

以上です。超簡単ですよね?!

エントリー時間軸が1時間足以下のデイトレで、東京市場からNY市場までチャート漬けになっているデイトレーダーは、3ができないヤバイ脳内状態になっていきます。

汚い言葉ですみません。僕自身がこのような時期を長く過ごしていたので、心と身体に悪い状態であることをお伝えしたいです。

デイトレが精神と体の両面に与えるストレスは非常に高く、短期トレーダーほどストレス度が高まります。ずっと座ってチャートを追い続ける、レバレッジをかけてドーパミン噴出、勝った負けた、金を儲けた失ったに一喜一憂。。。

こんな毎日ですから、心が疲弊していきます。思考がぶつ切りになって、何事にも深い集中ができなくなります。一方で、この状態が短期のデイトレでは最適化されているので、金を稼ぐためにやめるわけにもいきません。

デイトレに血眼になって資金が増え続けているときは、楽しい毎日ですし、ある種の興奮状態の日々ですから、自分がヤバイ状態にあるなど思いもつきません。

ですので、体調を崩すなどの転機が訪れない限り、続けていくことになるでしょう。

僕はFXを1000通貨のリアルトレードではじめて専業に至ったのですが、お金がないときは時間軸を短くするしかありません。2年以内に会社を二つやめて、バイトでも人間関係がうまく築けなくて、お金が必要であれこれ考えてFXの世界に入ったわけで、ここしかなくて必死でした。

だから、お金がないFX初心者でチャートにはりついているときの心と身体の状態が、いまだから客観的にとらえることができます。幸いにも若さで乗り越えることができましたが、当時の生活を繰り返すことはできません。

例外ですが、このような大先輩もいらっしゃいます。すごすぎる!毎日100回以上の注文、月の売買代金が4億円前後。
→ 84歳のトレーダー「生涯現役」 月に4億円売買

腹式呼吸と合わせると、すごく気持ち良いです。温かさのみを感じ取れるマインドフルネスになれると、たったこれだけで心が癒やされていくのを感じられます。