スイング

株の持ち越しで寄り付きギャップアップを狙う方法

株の持ち越しで寄り付きギャップアップを狙う条件

1.日経225との連動性が高い東証一部上場の大型株である。
2.対象銘柄の日足が上昇トレンドで、できる限り安値切り上げ高値更新が綺麗に保たれている。日経レバ(1570)など日経225と同じ値動きをするETFでも良いが、上昇トレンドが明確な銘柄の方が翌営業日の陽線実体が長くなる確率が高い。それゆえ建値まで戻される確率も低くなり、大引けで仕込んだ分をスイングに変更しやすくなる。
3.日経225が大引けに向かって買われていき、日中足のほぼ最高値で終値が確定している。大引けでギャップアップするほど良い。(※)ジリジリ買い上げられていく方が良く、日足の出来高が増えていればギャップアップの信頼性が高くなる。対象銘柄の考え方も同じ。日足陰線の場合支持線から大引けに向けて同様の値動きのときにギャップアップする確率は高いが、日経225と対象銘柄も必ず陽線のみとする。
(※)大引けでGUかGDかは板が早すぎて分からない。たとえGDであっても大引けに向かう流れが重要。

1-3までの具体例:12月7日、21日、23日の日経レバ(1570)とレーザーテック(6920)、日足と5分足で確認する。画像は23日から24日寄り付き分です。
2021年12月23日 ギャップアップ チャート

4.日経225が大引けに向けてボラタイルになりながらも買いの強さを保ち、日中足のほぼ最高値で大引けを迎えている。一方で対象銘柄は支持線上で大引けに向かってジリジリと買い上げられて終えている。先と同様に出来高が増えていればギャップアップの信頼性が高くなる。対象銘柄がジリジリ買い上げられるのは、2の通り上昇トレンドでチャートが強いから。それにも関わらず日経225と同じく上下にふらされていたら、総合的判断が必要。

4の例:12月15日、(22日)の日経レバとレザーテック。日足と5分足で確認する。画像は15日から16日寄り付き分です。
2021年12月15日 ギャップアップチャート

5.絶対に忘れてはいけない。いつでも長期時間軸トレンド最優先。上記の大引けに向けた値動きのみにとらわれない。日足の足型、過熱感(上昇率が高すぎる)、長期時間軸の節目との値幅も考えて最終判断をする。基本は日経225と対象銘柄に集中だが、怪しく感じるときは同セクターの日中足をみて総合的に判断する。総合的判断が思考ノイズになっていないかを意識する。自己保身が強くなっていないかをその都度確認する。

5の例:12月16日のレーザーテック。上場来高値が間近、日足で小さなダブルボトムネックライン抜けを確定させた日。レザテクのみを見ていると大引けで仕込みたくなりますが、翌日はギャップダウンで寄り付きました。
参考:株の持ち越しで寄り付きギャップダウンを避ける方法

6.上記はギャップアップ確率のみであり、寄り付いてからの値動きは個別次第。例えば船株はずれており、半導体が下落している12月17、18日に強さを保っている。一方でギャップアップで寄り付いてからの差し込みがきつくなるなど、日中足に個性が表れている。一方で日足以上の支持帯が働いて反発していることからも分かる通り、いずれも長期時間軸優先のテクニカル分析の上に成り立つ寄り付きギャップアップ狙いであることを忘れてはいけない。決してテクニックに走ってはいけない。

7.大型銘柄にズレ・違和感が生じたとき、一旦の天井が近いサインとなるかもしれない。例えば、今まで半導体・船・石油関連が大引けに向けて買われていたが、船が弱り始めたなど。このようなズレ・違和感を無視しないこと。調子にのって強気にでたときに食らう急落が、いっぺんに利益をもっていくことを決して忘れない。

条件満たすセクターと銘柄数が多いほどギャップアップ確率が高まる

下に比較対象を一部紹介しましたが、条件を満たすセクターと対象銘柄が多いほど、株の持ち越しギャップアップ確率が高まると考えています。検証数が少なすぎるので結論づけはできないのですが、12月以前のことを思い返しても、条件1-7を満たし、多くが活気づいているときは翌日もGUをたくさん見てきました。

僕の感覚をテクニカルに落とし込んでいけるように、引き続き検証をしていきます。

中小型銘柄、日足トレンドが強くない大型銘柄と比較する

トヨタのEV戦略で再燃した中小型の田中化学研究所(4080)

トヨタのバッテリーEV戦略に関する説明会は12月14日に行われました。田中化学研究所(4080)はすでにEV関連として急騰してしまい12月1日から急落開始で1500円で下げ止まったものの、上値が非常に重たい流れへ。12月7日は日足が全く条件を満たさず対象外。そして15日に再発射、16日は一気に節目の2000円に到達した陽の丸坊主。2000円は強烈な抵抗線になっており、中小型であっても長期時間軸の節目初到達で新規に入れることはしない。
21日と22日は大型が条件を満たしながらも、田中化研は日足がだめ。日中足に買いの強さは表れているが、明らかに日経225や大型銘柄とのリズムに違いが生まれている。23日は完全に条件を満たしており、大引け仕込みするところ。

日足トレンドが強くない機械代表の安川電機(6506)

安川電機(6506)は日足が明確な上昇トレンドではなく出来高が細っているが、それでもギャップアップを狙えるかを考える。機械セクターに強張るときに真っ先に資金が向かいやすい銘柄。12月7日は長期上昇トレンド一服、レンジ内上昇トレンドレンジ下段で底固めして、安値を切り上げながら上段へ入る過程。上記条件を満たす。21日は日経レバやレザテクと同じく急落させられてからの回復局面。ここでレザテクとの差が現れる。明確な日足上昇トレンドではにあので、押しが深く、また機械セクターに資金が向かっていなかったことから出来高も100万株未満で大引けに向けての買いも弱い。23日は地合いも良く大型銘柄は22日の売りをこなして完全に上昇志向、安川は出来高100株未満だがチャートは条件を満たしている。

12月15日と22日はGUするように見えない。出来高が90万株未満で5分足の密度が低く熱量を感じにくい。また大引けに向けて下がっていることから、仕込みの対象にならない。レザテクと比較して、日足トレンドや長期時間軸における値位置の分析の重要性が分かる。

12月16日は6000円の心理的節目かつ抵抗線に到達しての日足陰線で対象外となる。ここにレザテクとの違いが顕著に表れている。他セクターも見ながら翌日の地合いに対する信頼性の判断が必要だと分かる。

独特のリズムを刻む海運代表の日本郵船(9101)

日本郵船(9101)は続き足ではじまっても日中の押しが深くなるなど、強いのだが半導体のように素直に強くない、独特の値動きリズムを刻みながら終値ベースでは地合いにそくしている。12月7日はGU条件を満たしているが、翌日は寄り付き強くて上髭作ってからのナイアガラ。日足以上で上値重たい価格帯に入っていることからも、GU狙いの大引け仕込みが長期時間軸の環境認識の上に成り立つテクニックだと分かる。21日と23日は大丈夫。23日は強いセクターかつ多くの銘柄が条件を満たしており、やはり多数決でロットを高めるかの判断が稼ぎ飛躍させるかの鍵となる。15日と22日は日足がだめ。

株の持ち越しで寄り付きギャップダウンを避ける方法

2021年12月16日 日経レバ1570が急落に至るチャート

株の持ち越しで寄り付きギャップダウンを避ける方法

1.日経225と対象銘柄ともに、週足以上のテクニカル分析で長期時間軸の抵抗線を明確にする。大引けに向けて日足終値がどこで確定するか、ローソク足形状、週末に向けた週足のローソク足を想定する。
2.1を踏まえた上で対象銘柄も同じテクニカル分析をする。どれだけチャートが良くても、日経225が週足以上の抵抗帯に突入して大引けを迎えている場合には押し返される可能性が高くなるので、対象銘柄の大引け仕込みをせずに、ギャップダウン寄り付きからの陽線狙い等へ切り替える。
3.日経225CFDとドル円のテクニカル分析も合わせて、翌日東京市場の流れの想定精度を高め続けていく。

直近では12月16日(木)に大型銘柄は強く大引けを迎えて、17日(金)にギャップダウンで寄り付いて陰線確定、20日(月)にさらに陰線で急落しています。具体例として、日経レバ(1570)とレーザーテック(6920)のチャートで確認します。

12月17日の日経レバとレーザーテックのチャート

2021年12月16日 日経レバ1570が急落に至るチャートレーザーテックのみを見ていると、直近の高値を出来高増加させて超えて足型も良いことから仕込みたくなるが、日経レバやCFDを見ると冷静になれる。

自己保身が強くなり守りの思考がノイズになっていないか、つまり仕込まない理由探しの方が強くなっていないかを意識的に確認する

12月17日の日経225CFDのチャート

2021年12月16日 日経225CFD 急落に至るチャート青縦線が東京時間の大引けで、日経225CFDは新規のポジションを絶対にとらないところ。なぜなら、価格節目29000円はテクニカル的にも長期時間軸の節目になっており、ここにはじめて突入したところだから。戻り売りを狙う勢力が多数待ち構えている価格帯である。

このような強い抵抗帯を一発で突き抜けるにはなんらかの強烈な材料が必要で、それを期待して東京市場で仕込むのはギャンブル要素が高くなる。

住友金属鉱山(5713)のスイングについて(12月20日以降)

2021年12月18日 住友金属鉱山(5713)週足と日足チャート

住友金属鉱山のスイング初動をデイトレ観点から大量に仕込めるか

2021年12月18日 住友金属鉱山(5713)週足と日足チャート・金先物CFD(GC)が1800ドルを意識したもみあいから強めの陽線で上放れした。上昇転換ではなく、まずは深い押しを否定する流れになっている。
・金鉱株のETF、VanEck Gold Miners(GDX)も底打ち反転の兆しがあり、金のみでなく関連する株にも資金が向かっていることが分かる。
・銅先物CFD(HG)が4.2ドル今日で下げ止まりつつあるながれではある。
・商品市況の強さが続く中、住友金属鉱山の日足は4000円で底打ち反転して4600円まで上昇、その後4200円で底打ち反転の兆し(出来高急増)をみせており、直近の不安定な地合いのなかで4400円上を保っている。
・月足を都合良く解釈すると、2020年コロナショックによる2000円底打ち上昇で5500円をつけてからの調整完了。N字で考えると4000円から2500円分の上昇、6500円を目指すと考えることもできる。
・週足をみると4500円強がレジサポ転換帯になっており、この価格帯を抜けきったら強烈なしこりがなく一気に開放される。あとは新規の売りのみ警戒すれば良い。
・日足をみるとデイトレに適さないが、スイングは狙いたくなるところ。しかしレンジ上限になる可能性があるので、安易なもちこしでこの不安定な地合いにおけるNY市場の急落に巻き込まれると、完全に高値づかみになる環境ではある。
・一方で、4500円をつけておされても4400円上を保ち、12月17日に出来高をともなったギャップアップコマ陰線。地合い悪でも押し込まれておらず、4200円から4500円、4400円から4600円抜けのN字を想定できる。
・仮に上昇するとしたら、直近の値動きと昨今の地合いより、4600円を試して押されて抜けてから再度押されて固めて4800円を目指していく流れ。週足と月足の足型とMAの流れより下値は固めたものの上値は重たく、高値更新をするにしてなんとかしこりを溶かしながら進んでいくと考えた方がよいだろう。
・12月20日(月)からのスイングの場合、常に最悪を考えて。4600円上限のレンジにはいり、4200円まで再度押し戻されたときにどうするか。入り方は金曜日陰線始値上からのギャップアップ寄り付きなら寄り成が基本で、より確実な状況をもとめるなら出来高伴った陽線で4600円を抜けきった陽線で終値確定させてから。このときも翌日から下げで4200円までもっていかれたときを考えておくこと。つまり資金管理でナンピンしながら耐えるのか、潔く全損切り撤退して仕切りなおすか。
・僕はデイトレーダーですが、この局面は初動仕込み対象として注目しています。開放されたら値幅ある上昇局面に入する銘柄です。一方で先に書いたように、開放されるまえの銘柄は高値づかみの可能性もあるわけで、基本的に抜けきってからの押し目買いで、そのまま上昇していかれるのを避けるために、上限を終値抜け確定(出来高増加)で入れていきます。この終値抜け確定前の初動で大量に仕込めるのがデイトレです。
・どっちに転ぶかわかりにくい銘柄は日中値幅を求めるデイトレ的には対象外とすることが多いのですが、今回は抜けきっていく陽線を立ててそのまままずは4800円位つけに行く上昇までみこんで場中監視していきます。寄り付き前の気配値、位置、初動の値動き、さらに買いが追従してくるか、出来高。デイトレからスイングをテーマにして住友金属鉱山に注目します。

マザーズETF(2516)一回目仕込み分を早速全て損切り(12月17日)

2021年12月17日 マザーズETF 週足と日足チャート

厳しすぎるマザーズ市場

マザーズ銘柄へ投資されている方には申し訳ないですが、昨日仕込んだマザーズETF(2516)を寄り付きで全て損切りしました。

参考:マザーズETF(2516)のスイング仕込みについて(12月16日以降)

理由は昨晩NY市場のナスダック、ARKK、ラッセル2000の全てが出来高をともなった寄り天大陰線で前日の陽線実体を包み込んだこと、小型グロースはもとより、エヌビディアなどの半導体、アップルなどの世界を代表する大型ハイテク銘柄も出来高を増加して売られていること。

今朝の寄り付き前の気配値をみていると、新興市場のメルカリをはじめとした主要大型銘柄の気配値が弱いこと。そしてなによりも、マザーズETF自体が逆N字チャートになっており、単純計算で900円 – 800円 – 700円の値幅計算ができること。

より前の気配値がすでに安値割れしており投げが投げを、売りが売りを呼ぶ展開が予想できたからです。

今回は完全に負けました。

昨日時点で出来高激増の大陰線を確定しているのに、最低でも大引けまでに仕込んだ分のあやまりをみとめて完全撤退しなかったこと。
昨日時点で逆N字も想定していたにもかかわらず、掉尾の一振とか値ごろ感で仕込んでしまったこと。
FOMCを終えてダウとナスダックともに買われていたのだから、今晩も買われてマザーズもGUではじまるだろうと適当に考えていたところがあったこと。
ナンピン対処も考えて資金については計画的だったので、損切りになっても金額面での痛みは小さいと軽く考えていたこと。
気に転ずるに即ち智・・・仕込みを完全否定されたのだから逆N字想定で売りではいるところなのにできないスイングトレーダーとしての甘さが露呈したこと。

一方で良かったことが一つだけあります。

寄り付きで全損切りに迷いが無かったことです。直近の出来高から買いたい勢力も急激に増えて寄り底の可能性もあったのですが、一切の期待を捨てて完全に損切りで、デイトレにこの損失を思考の中にもちこむことなくたんたんと場中をこなすことができました。

トレードにおいては絶対に期待をもちこまない。相場や他社に依存しない。想定が外れたら即損切りを徹底するだけで利益が積み上がるので、これもスイングでもやりきったことは良かったと思います。

最後にチャートを確かめます。

マザーズETFの週足・日足チャートと支持帯

2021年12月17日 マザーズETF 週足と日足チャート700円は19年に作った高値でもあり強い支持線になります。その上に750円の売買交錯した支持帯がつくられており、本日このなかに突っ込みました。NY市場でさらなる下落にならない限り、月曜日は一気に突き抜ける可能性は低いかと思います。

ただしIPOがあまりにもひどく、IPOラッシュに備えた換金売りや追証等の損切りが重なるようだと売りが売りを呼ぶ展開になり日本独自の弱さを見せるかもしれません。

いずれにしても、早く新興市場のお祭り騒ぎに参加したいものです。買いで日本の株式市場wお盛り上げていきたいですね。

マザーズETF(2516)のスイング仕込みについて(12月16日以降)

マザーズ指数は底打ち反転できるか

マザーズETF(2516)の値動きを見ているのですが、12月14日に安値割れしてから出来高を急増させて15日も出来高維持したまま陽線を立てたことから、スイング一回目の仕込み時でした。ただし、週足以上をみると700円までもっていかれる可能性があるので、今晩のNY市場でARKK、ラッセル2000が弱く、ナスダックも弱くて、明日17日に769.1円の安値割れしていくようなら、本日分は一旦全投げするかポジションをポジションを減らし、700円からのナンピンで対処できるように計画した方が良さそうです。

本日は寄り付きで前のめり玉が多くナイアガラがくることは予想できたので値動きをみていたのですが、買いがめちゃくちゃ弱いです。メルカリをはじめ新興市場の主要大型銘柄から資金が抜け続けていくようで、17日にギャップアップするにしてもその値幅が小さくなりそうです。。

出来高が230万弱に達して買いが本格参入していますが、14日から本日分の買い方は安値抜けたらぶん投げる可能性があります。こうなると一気に売り加速して700円行きが見えてくるので、ナンピン余力を残して仕込みをしたものの、終値ベースで改めて冷静にチャートをみると、僕自身が前のめりだったかもと。メルカリとかの弱さがすごく気になります。

いままでARKKとラッセル2000が強くナスダックも強いときはマザーズETFの陽線率は非常に高かったのですが、日本独自の要因でしょうか。IPOラッシュで既存の銘柄を売っているかもしれないですし、税金対策の売りが続いているかもしれないですし、単純にきつい下げが続いて個人の投げがでているかもしれないですね。

チャートを確かめましょう。

マザーズETFの週足と日足

2021年12月16日 マザーズ指数のチャート週足をみると775円の支持帯を一度割っており、今週は再度差し込んできています。100週線の下に完全に入り込んでおり、5・20週線が下拡散してきていることから、何らかの拍子で売り込まれたり、今晩のNY市場がくずれて大幅GDでより筒と775円が抵抗線に変わる可能性があります。強い支持線は700円でその上に安値がそろっていることからこの辺りで反発する可能性はあります。

ただしそれは結果論でリスク管理として考えておくべきことは775円を割ったときにレジサポ転換して、しばらく775円以上に終値ベースで上がってこれないことです。これを考えたときにナンピン対処をするか、本日の仕込み分は完全負けをみとめて丸投げするかの判断となります。

米国市場の状況をみて、朝の気配値で判断しますが、IPOの値動きの悪さから、マザーズ市場の盛り上がりはまだ先か。資金効率の面から そして思考のノイズになるので頭の重たい展開になるようなら、一旦切ってしまうのも良いですね。

FX出身の僕は順張り徹底で基本的に株でもそうなのですが、トレードの幅を広げるために仕込みをしてみました。デイトレと違う姿勢でより丁寧な計画をして取り組まないといけませんね。

クボタ(6326)のトレード考察 | 好材料陽線基準からのスイング想定

2021年12月12日 クボタ(6326)チャート

2021年12月12日 クボタ(6326)チャート・クボタ(6236)に限らず好材料発表で出来高増加の陽線を基準にしたトレード想定への意識
・地合いが良ければスイング初動分も含めた仕込み
・11月19日に「インドのトラクターメーカーを買収」に対してギャップアップ大陽線を形成
・翌営業日にギャップダウンであったりその翌日も伸び切らない上ヒゲで材料が評価されていないように見えるが、監視を外さない
・その後地合い悪によって19日始値まで下落したが、綺麗に下げ止まっている。30分足以下で2370円あたりで出来高の大きな買いが入って反転上昇を繰り返している
・上記に気がつくためにも日足出来高基準のトレード想定への意識が大前提。この考えがあるからその価格帯に近づいたときの値動きに敏感になれる。アラート設定で忘れないようにする。
・その後の直線的な上昇は長期時間軸の節目到達想定で、指値をつかった水平線トレードに徹する。支持線で強い資金が入ったときの反転上昇は、東証一部大型銘柄の場合直線的になることが多い。おそらく大量の資金を入れられるのアルゴが完全支配しているのだろう。
・なお12月10日終値は2550円、直近の高値や過去のレジサポ転換帯に入っているので、いまはスイングはもとよりデイトレも難しい価格帯。上に抜けきるのを待つか、押されたときの押しが浅いようなら、早々に2600円を抜けきる買いがはいることを想定して注視していく。

クボタが続伸、インドのトラクターメーカーに追加出資し子会社化

 クボタ<6326>が続伸。同社は18日取引終了後、インドのトラクターメーカーであるエスコーツ(ファリダバード市)への出資比率を引き上げ、子会社化すると発表しており、材料視されているようだ。
 現在の出資比率は9.09%で、第三者割当増資の引き受けや株式公開買い付け(TOB)などを経て、出資比率を53.50%とする予定。クボタは2020年に約160億円を出資しているが、今回新たに約1400億円を投じる。
 両社の製品開発や品質などに関するノウハウを融合させ、品質の良いベーシックトラクターを提供することを目指す。販売・サービスの分野では子会社化により、インド国内における販売網の有効活用に加え、高機能製品からベーシックトラクターまでの幅広い品揃えが可能になるとしている。
出所:MINKABU PRESS