睡眠

【興奮し過ぎ?!】中途・早朝覚醒は充実したライフワークの証拠

睡眠障害の症状とされている中途覚醒早朝覚醒。どちらも似たりよったりで、僕が不眠症に苦しんでいたときは二つの症状が表れていました。

こちらでお伝えしたいのは、毎日が充足感に満ちている方。仕事とプライベートのバランスが保てていて、その日々の中でワクワクするアイデアが湧いたときに、興奮してしまう方向けです。

そして、中途覚醒や早朝覚醒した勢いそのままに、そのアイデアを実行したらどうですか?とういご提案になります。

このワクワク感が睡眠に与える影響として二つ。

1.夜眠れなくなって、夜更ししてアイデアを実行し続ける
2.夜はいつもどおり寝て、中途または早朝覚醒する

僕はいまでも2になります。完全に朝型人間なので、夜にアイデアがわいたら紙に手書きしておいて机に置いておきます。すると、やはりアイデアをやりたくて仕方ないので、入眠から3時間後位に目覚める中途覚醒が起こります。

夜ふかしすると翌日が無駄に終わったり、翌日に無理すると翌々日に体調を崩すことが非常に多かったので、脳がアイデアを夜に実行することを完全拒否するようになりました。

一方で、中途覚醒からそのままGO!は心と体のバランスが良く、何日間も続かない限り、体調を崩すことなく、むしろ気持ちのよく仕事がはかどり、夜になると充足感に満たされます。

遺伝子的にも朝方と夜型人間に分けられるようなので、「早起きは三文の徳。朝に集中しよう!」とおすすめはしません。このあたりは心と体のバランス、脳の冴え方と健康面を意識して試し、自分に最適な時間の使い方を見つけていくしかありませんね。

何よりも大切なことは、体の声にしっかり意識を向けること。睡眠時間3時間ほどでやりきっていくのは、なにかしら細胞に無理が生じていると思います。

僕は興奮状態で覚醒する日が3日以上起こったことがないので、体調を崩したことがありません。むしろこのことが、体を守るための機能がはたらいていることの証明かもしれません。

もし、連日で中途・早朝覚醒が起きるようでしたら、節目の時間帯に丁寧に体の声に意識を集中させてあげてください。

何か痛みが生じていないか?胃腸の調子はどうか?目の奥が重たくなっていないか?

仕事がはかどってしかたないときほど、結構体が無理してくれている時があるので、ちゃんといたわってあげることが大切になります。

充実したライフワークの日々、やりたいことに興奮して早起きしてしまうなんて、幸せなことではないですか?

ですので、一概に不眠症とされる中途・早朝覚醒を否定せずに、自分の心と体のバランスを保ちながら、そのエネルギーを活かして仕事に打ち込んでいくことも良いのでは?というご提案になります。

最後に。僕はかつて、深刻な不眠症に苦しんでいたことがありました。おそらく診察したら病気と診断されていたと思うのですが、幸いにも自力で克服できた体験があります。

もし睡眠障害で一日が辛いようでしたら、こちらの記事をご参考ください。

→ 【厳選】不眠症・睡眠障害の予防・対策のWEBサイト | 製薬会社・公的機関提供

僕自身が相当に苦しんだので、まずはWEBサイトで不眠症について知り、お住まいの地域から近いお医者さんを見つけていただければと思います。

あと、相手を知ることで安心感も得られます。良質な睡眠のために心の安定はとっても大切ですね。

【不眠症対策】入眠時の恐怖を和らげる、マインドフルネス瞑想の活用

深刻な不眠症になると、常に入眠前に恐怖感があります。

眠れないつらさ、今から始まる苦痛の時間、そして疲労・倦怠感ある朝を迎えることの繰り返し。

本記事では入眠時の恐怖を和らげるテクニックとして、マインドフルネス瞑想の活用をご紹介しますが、とにもかくにも、寝不足で辛い日々を送っているようでしたら、すぐに医師に相談してください!

こちらの記事に製薬会社や公的機関が提供する、不眠症対策・予防のWEBサイトをまとめました。

→ 【厳選】不眠症・睡眠障害の予防・対策のWEBサイト

お住まいから近い不眠治療相談クリニックを簡単検索できるので、ぜひお役だてください。

僕自身が一通りの睡眠障害に苦しみ、幸運にも自力で不眠症を乗り越えられた身なので、先にお医者さんへの相談をおすすめしました。

マインドフルネス瞑想が心地よい入眠へ導く

タイトルに「??」と思われた方、正解です。

マインドフルネスは、今この瞬間の経験にありのままの注意を向けることで現れる意識、すなわち「気づき」で満たされている心の状態。端的に言えば「今この瞬間を生きる」ことなので、なんで眠っちゃうの?となるわけです。

テクニックなので、あまり突っ込まないでくださいね!マインドフルネス瞑想の一つ、自分の内側へ入っていくとき、呼吸への意識をそのまま活用していきます。

夜を迎えれば誰でも疲労がたまっているので、一つ一つの細胞は眠りを強く求めています。免疫力を保ち、体を回復させるために絶対に必要なことだからです。

それにもかからわず不眠症の場合は、健康を保つために必要な体と脳の求めに反対して、体と脳が起きてしまう。求めているのに反対するという、本当に苦しい状態。

脳の働きを静めてあげる、和らげて上げるためのテクニックがマインドフルネス瞑想になります。

自分の内側へ入っていく方法の一つに呼吸への意識があります。腹式呼吸で副交感神経を高めるなどありますが、まずはいつもどおりの呼吸に意識を傾けるだけで大丈夫。

始めの一歩を丁寧に行うことが大切です。布団に横になると、自然に腹式呼吸になります。お腹のふくらみとへこみ、鼻を通り空気のスーハースーハーを感じ取るだけ。

たったこれだけで良いです。たったこれだけのことに注意を向けるようにします。

もちろん、不眠症の場合は妄想を抑えられずに、呼吸に注意を向けただけで心地よい眠りにいたることはないでしょう。

ただし、その始めの一歩が快適な睡眠を再び手に入れるために大切なことです。入眠前の思考の暴走をおさえようとせず、自分にできるたった一つのこと。丁寧に穏やかに呼吸を続けること。

改めて、睡眠障害で苦しい日々が続いた僕からつよくおすすめすることは、専門医師へのご相談です。

一方、眠りの質が悪いなとか、すみやかになめらかに入眠したいなと考えている方へは、一つのテクニックとしてマインドフルネス瞑想の入り口、呼吸への意識をおすすめします。

心地よいまどろみとともに眠りに入り、朝起きると脳と体がかろやかになっている。心と体を調和させ、希望に満ちた朝を迎えるためにお役立ていただけたら嬉しいです。

【厳選】不眠症・睡眠障害の予防・対策のWEBサイト | 製薬会社・公的機関提供

睡眠について、次の症状でお悩みの方におすすめのWEBサイトを厳選しました。

夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる。

これらは不眠症の症状です。僕自身、仕事面における将来への不安と相談する相手がいないことによる「精神的不安定」さ、

不規則にならざるを得ない生活を原因とする「身体的不調」の両面から深刻な不眠症になり、健康を害したことがあります。

当時は相当苦しんだので、睡眠障害で辛い日々を送っている方にお役立ていただける情報を厳選しました。

いずれも製薬会社や公的機関など、専門家による情報発信であることを確認済みですのでご安心ください。

【簡単検索】お住まいの地域から不眠治療相談クリニックを探す

僕は幸運にも精神面の症状が深刻なる前に自力で不眠症を克服することができました。

ただし当時の僕に強く伝えたいことは、すぐに「病院へいきなさい!」です。寝不足だからどうにかなるという安易な考え方と根性論みたいなもので、あとは運が味方してくれて健康を取り戻すことができただけです。

読者さんへは、迷わずに本日中にでもお医者さんに相談しましょうと念押しします。

そこで始めにご紹介するのが、すこやかな眠りのための情報を田辺三菱製薬さんと吉富薬品さんが提供されている、Suimin.net(スイミンネット)で不眠症の相談ができるクリニックを検索できます。

寝不足で体調不良の日々が続いているようでしたら、まずは危険度セルフチェックでご自身の状態を確認されてください。

→ 睡眠や不眠について知る

不眠症についてわかりやすくまとめられています。リンク先の下の方に危険度セルフチェックがあります。

そして、医師に相談したほうが良いと判定されたら、近くのクリニックで診察されてみると良いですね。

睡眠障害は精神的な原因が多いので、医師に相談できる安心感を得られるだけで心が落ち着き、質の高い睡眠のたすけになると思います。

【不眠症の情報を網羅】厚生労働省のe-ヘルスネット

文字が多くて面倒くさい!と思わずに、まずは一読されることをおすすめです。眠れない苦しみの原因を知ることも大切。

知らないものへの恐れを抱くのは人間の性ですので、相手を知って正しい対応方法を学べば夜の恐怖が和らぐと思います。

当サイトの活用方法について。まずはコチラのページをご覧ください。

→ 「不眠症」で検索した結果

サイト内検索欄に不眠症を入力した結果です。読んでいくのが大変だなと感じたら、まずは不眠症について黄色マークのリンク先は確認しておきましょう。

厚生労働省が提供する生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネットです。

不眠症の検索結果 e-ヘルスネット 厚生労働省

僕たち素人でも分かるように噛み砕かれた情報が充実しています。下のページは快眠のためのテクニックです。

→ よく眠るために必要な寝具の条件と寝相・寝返りとの関係

軽い睡眠障害であればテクニックで対処できるかもしれないので、早速今晩から試してみるのも良いですね。

リンク先の下の方に参考文献として「独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター(精神保健研究所・精神生理部)」のHPが紹介されています。

国立精神・神経医療研究センター 精神保険研究所 精神生理研究部HP

「国立精神・神経医療研究センター 精神保険研究所 精神生理研究部」のHPです。不眠症や睡眠生涯は精神面の問題から生じるものであることがなんとなく分かりますね。

僕たちが体験している眠れない苦しみが研究され続けているようです。

精神生理研究部さんのHP左側に睡眠障害専門外来、睡眠障害センターがリンクされています。いずれもNCNP病院 国立精神・神経医療研究センターへつながっています。

住所は 〒187-8551東京都小平市小川東町4-1-1 となるので、場所的にご都合良ければ、こちらで受信されるのも良いですね。

簡略化し過ぎず、1ページにまとめられた不眠症対策

スイミンネットは簡潔、e-ヘルスネットは情報量が多いと思い、その中間を確かな情報元から探してみました。

→ 国民の20%が悩んでいる 私は、不眠症? 原因により対処法は違います

全日本民医連さんのHPで、石川・城北病院精神科の松浦健診医師が書かれたものです。2010年9月1日の記事ですが、10年経った今でも違っている点はないと思います。

スマホ等ITツールの浸透で、より眠れない時代になっていますが、当時から僕たち人の体に表れる症状は変わらないですし、不眠症への対処法はほぼ確率されているようですね。

睡眠薬についても医師に相談して正しく使用すれば問題ないことが分かりますし、その前に日常生活で改めるべき点もまとめられています。

全日本民医連不眠症対策
ページの右側には病院・診療所検索欄があるので、こちらもご参考いただけます。ただし、睡眠障害・不眠症対策など、症状別に検索することができないので、たくさん検索結果に表示されることをご了承ください。

不眠症・睡眠障害に関して、おすすめのウェブサイトがあればこちらに追記していきます。

製薬会社の情報も充実しているので「〇〇製薬+不眠症 or 睡眠障害+対策 or 予防」などと検索されるのもおすすめ。

僕自身が眠れない辛さを十二分に体験してきましたので、同じ症状で苦しんでいる皆さまに本記事が少しでもお役にたてば幸いです。