エントリーポイント,ドル円

先週末からのFXはトレンド形成が終了して難しいデイトレ相場になっています。ドルストレートとクロス円ともに、4時間足以下の流れのみを見て安易にエントリーすると、すぐに切らされる可能性が高い環境になっていますね。

昨日のドル円 ...

テクニカル分析,ドル円,ポンドドル

参考記事でご紹介したポンドドルとドル円のテクニカル分析のフォローです。本日の東京市場からドルストとクロス円が買い戻されて、4時間足を軸にした順張りの場合、様子見の時間に入りました。ここからは1時間足のダウが重要で、1時間足のダウ転換が ...

テクニカル分析,ドル円

クロス円の強さ継続、代表してドル円のテクニカル分析をしていきます。デイトレはロング一択で、過去に何度もつけた高値114.500円基準で二種類の想定をしておきます。

ドル円の114.5円目前後追い厳禁

守るべきことは「絶対に後 ...

テクニカル分析,ドル円

「押し目待ちに押し目なし」と言われるとおり、超絶ブル相場入したら「押し目を入れてから・・」なんて姿勢では取りきっていけませんから、常にブル姿勢でチャートを見ていきます。

参考記事:クロス円の狙い方(10月18日)ブル姿勢! ...

テクニカル分析,ドル円

チャートを一枚画像にしたときに週足で上値抵抗がないのはドル円、ポンド円、カナダ円でした。どれも狙い方は同じなので、代表でドル円をみていきます。

このまま超絶ブル相場入りしたら週足連続大陽線になるので、」押し目を待ってから・ ...

エントリーポイント,ドル円

ブル相場を取り切るポイント

日足の足型と5日線との乖離:NY市場の上昇モメンタムをそのまま引き継いで、豪州・東京時間から急伸するか?時間調整に入るか?後者の場合、押しの目安となる水平線を定めず、値固めする値動きを見ながら、小さくても明確 ...

エントリーポイント,ドル円

同日インド50の新高値領域とは違い、若干なりとも過去のしこりを意識してしまったドル円。テクニカル的には112.25円上の過去のしこりなんて全く関係のない話だが、勝手に意味を与えてしまいました。

参考記事:【新高値】インド5 ...

テクニカル分析,ドル円

8日の米国経済指標前に落とされてからの急回復、全戻りは強い証拠で大口は上げる気満々だと思います。テクニカル的に週足陰線始値112.608円まで強い抵抗線がないですし、9月22日の109円からの上昇開始、111円で節目をつくってからの再 ...

エントリーポイント,ドル円

5・20日線が上拡散済みで東京市場から高値更新を目指す流れです。段階的に支持線上で値を固めてから再上昇へ向かう理想的な流れになっています。

ドル円のトレード解説

昨晩にNY勢力が買い上げてくれて、4時間足の陰線始値111.5 ...

エントリーポイント,ドル円

日足の足型からも分かる通り、4時間足以下から上昇モメンタムが高まっているので、押し調整に入る値動きを見せなければ、112円目標で素直に1時間足高値抜けで入るトレードです。

【トレードポイント】
・目標値:112