エントリーポイント,ユーロ円

トレード対象を絞り込むのも良いですし、得意な手法が通用する通貨ペアを選択するのも良いです。今回は後者の利点がわかりやすかったので、まとめていきます。

なぜドル円ではないのか?なぜユーロドルではないのか?

ドル円 ...

テクニカル分析,ドル円

9月16日欧州時間のドル円、昨日の下落からNY勢力が買い戻し、レートが宙ぶらりんになっています。週足の節目近辺にあり、長期の強い資金はもっと下で入れたいだろうし、短期の売りも東京時間で押しきれずに強気にいきにくいところ。

...

エントリーポイント,ドル円

9月15日6時確定の陰線の下ヒゲが、日足レンジの間につくられた支持帯をほぐしてくれました。そして5,20日線拡散も想像しやすい、デイトレに適した環境が整っています。そして始値がGDなので、完全に弱い!1時間MAも急角度で抑え込んでくる ...

エントリーポイント,ポンド円

先にまとめた「ドル円のエントリーポイント(9月14日分)| 2ピプスを丁寧に取りきる」と同じ時間にポンド円もロングできました。午前は株、日経225CFD、ドル円に集中で、ドル円よりもロングの環境が整っていたポンド円を完全に見逃していま ...

エントリーポイント,ドル円

日足レンジ内で4時間足が戻り高値(レ点)を作ったときに、4時間足以下の上値抵抗(110.15円辺り)をほぐしました。丁寧に丁寧に環境分析をしない限り、トレンドがない通貨ペアでトレードすることをおすすめしませんが、東京時間に狙えるポイン ...

エントリーポイント,ドル円

ドル円の日足はトレンドがなく4時間足も深い押しからの戻り高値更新想定、かつ大きなレンジの下段から中間ラインブレイクは高値づかみになる可能性も高いので、基本的にデイトレに不向きです。

しかし、今回のドル円は日足・4時間足・1 ...

テクニカル分析,ポンド円

株価下落でドルと円の両方が買われる流れは変わらず、9月11日NY市場クローズ時点で、ドルストとクロス円ともに節目近辺まで下落しました。東京時間におけるデイトレの基本姿勢は様子見となります。

日足以上のとおり、上昇してきたな ...

エントリーポイント,オージードル,テクニカル分析

4時間足の戻り高値更新過程のロング、戻り安値更新過程のショートはデイトレで値幅出にくく、もみ合う時間も長くなりがちなのでおすすめはできません。ただし、丁寧にみていけば取れるポイントがあるので、他に魅力的な通貨ペアがないときには一つの選 ...

エントリーポイント,ユーロポンド

先週9月6日から10日のユーロポンドは、マルチタイムフレーム分析(MTF)が最大限に活かされる一週間でした。エントリーポイントと合わせて振り返ってみます。

連続する日足型と始値が方向性を強く示すときがある

ユーロポンドの月足 ...

ポンドドル,手法

複雑な思考で相場に臨むと、デイトレでは苦戦します。動けなくなる日々を経験すると思います。ですので、王道の手法で単純に考えて、入念に準備して、その時を迎えたら淡々と実行が大切ですね!

デイトレに適した環境か判断する5,20日線の見 ...