オージードル,テクニカル分析

デイトレは4時間足以下の値動きからその都度対処できるものの、日足以上の想定精度を高めること=長期時間軸で機能する節目水平線の見極め精度向上に繋がり、結果的にデイトレの成績向上へつながっていきます。

先程は資源国通貨の強まり ...

テクニカル分析,ユーロポンド

ユーロポンドの10月は、0.05ポンド刻み(50Pips)の上昇がくずれそうに見えます。ユーロが弱ってきているので、今月はデイトレ対象として注目しています。

下放れできる環境。4・1時間足で売買強弱感を分析

簡単にまとめたユ ...

テクニカル分析,ドルカナダ

先ほどの記事「ユーロオージーのテクニカル分析 | 1.58493(100Pips)をつけに行くか」と同じ考え方で、4時間足下降チャネル内の下落を考え、どこで上値を抑えられるかを見ていきます。

下放れできる環境。4・1時間足で売買 ...

テクニカル分析,ユーロオージー

資源国通貨が強いのでAUD(豪ドル)とCAD(加ドル)に注目すると、ユーロが弱っていることもあり、10月4日からはユーロオージーのデイトレショートを狙える場面が早くきやすい流れに見えます。

強い支持線は1.58493豪ドル ...

テクニカル分析,ドル円

ドル円をはじめとしたクロス円は木曜と金曜の陰線で上値が一気に重たくなりましたね。4時間足のダウが安値を切り下げたので、まずは高値切り下げ想定の戻り売りを狙っていくのですが、日足は上昇トレンド中の押し目なので、ショートで入る際には長期時 ...

エントリーポイント,ユーロ円

ユーロ円の月足は上昇一服からの押し目調整、週足は下げ止まり見せるかのように2週連続陽線を立てそうでしたが、まだまだ上値が重たい環境。

そのような中、日足は急上昇から天井圏で9月30日早朝に陰線確定で4時間足がもみあいに入り ...

テクニカル分析,ドル円

先週に週足が鍋底から脱出する綺麗な陽線を確定させて、今週も続伸しています。10月1日6時確定の日足は深い押し調整なので、月初の押しの深さによって今月が続伸するか調整かの流れがハッキリしていきそうですね。

僕たちデイトレーダ ...

テクニカル分析,ユーロドル

日足で大陽線・大陰線が確定したあとに高値圏・安値圏でレートがもみ合っているとき、伸びすぎたから入りづらいと感情的な思考が働くと、翌日の加速・続伸をまるごと取り逃す原因になります。

これを避けるために、デイトレするか避けた方 ...

エントリーポイント,ユーロドル

デイトレに追いて日足の形状をある程度予測することは大変重要で、もっとも分かりやすいので5・20日線の拡散を明らかに想像できるときです。合わせてこのときに求められるのが、到達する目標値の定め方となります。

トレンド形成が加速 ...

オージードル,テクニカル分析

4時間足を軸にした順張りのデイトレードをする中で、日足トレンドとは反対方向に4時間足がダウ転換して、再度一気に日足方向へ4時間足ダウが戻されたとき、デイトレに適しているか迷わないようにするための内容です。

具体例として本日 ...