ポンド円

注目通貨ペアのマルチタイムフレーム分析(10月11日以降)

2021年10月10日 ポンド円 全体チャート

10月11日からの注目通貨ペアはドル円とカナダ円です。ドル円のテクニカル分析は先に済ませたとおりで、原油高の影響で強いカナダ円もテクニカルではドル円と同じ考え方で狙っていきます。

高値更新時の注意点もあるので、よろしければご参考ください。

参考記事:【113円目標】ドル円のテクニカル分析(10月11-15日)

さて、今回マルチタイムフレーム分析(MTF)する通貨ペアはポンド円です。先週クロス円>ドルストの状況下、ドルストが下げ止まりました。最弱だったユーロドルも、長期時間句の節目1.1550ドルから4時間足で上昇ダウ転換の兆しを見せています。

参考記事:ユーロドルは優先順位低い、難しいデイトレは捨てる(10月11日分)

今週のFXはロングで稼げそうな流れのなか、ドル円とカナダ円のロング狙いは継続で、ユーロは弱いので週初は対象外とし、オージーとポンドを比較して、最もチャートが強いポンド円を分析対象にしました。

153.5円目標、日足陰線入れてからの週足陽線がベスト

2021年10月10日 ポンド円 全体チャートポンド円の月足は上昇一服ら押し目形成中でしたが、10月に入ってからの150円からの巻き返して、一旦押し目形成終了を強く示す足型形成途中です。

週足は先週陽の丸坊主で強いですが、さすがに4ヶ月間月足陰線が連続したことも合って上値の重たさが表れています。また陽の丸坊主は一旦売りが入りやすい特徴もあります。

以上をふまえて、日足以下の一枚チャートを見ていきます。

日足上昇チャネル内にある4時間足上昇チャネルのイメージをもっておきます。目標値は153.5円。その前の153.048円から売り圧力が強くなるでしょうが、149円から節目を作っての上昇値幅的には単純に154円までも考えておきます。(※)

11日の東京市場前からのジリジリ続伸する動きは捨てます。8日の大陽線の中身は売買がこなされておらず、強い支持線が作られていません。152.449円が直近の支えの目安になります。

高値圏ヨコヨコで売買がこなされていれば別ですが、高値圏における出来高うすい中のジリ上げはリスク管理のために完全に様子見です。

支持線目安は152.449円、152.278円となります。152.278円を1時間足の終値が割ると、11日の陰線確率が高くなってきます。デイトレで上昇回復できる、上値の軽さがなくなってしまいます。

151.879円を日足終値が割って確定すると、今週陽線の確率が低くなります。151.229円も意識されて、さらに売りが入りやすくなってきます。

ですので、段階的に支持線固めを確認して、その間に1時間足の高値が作られたら、それを抜けたときに伸びやすい環境になっているかの分析に集中していく。そして、割ったら日足陽線確率が低くなる水平線を定めておくと、前のめりにならずに稼げる局面のデイトレに集中していけると思います。

なお、豪ドル円(オージー円)も同じ考え方ですので、午前は動きやすいオージー円に注目しておくのも良いですね。また、ポンドドル、オージードルも同様の考え方で狙えはしますが、日足以上より上値が重たく、4時間足以下で押しが深くなったり、上昇しても値幅が出ないなどが考えられます。

(※)目標値ベースでデイトレ想定をすることは非常に大切で、僕たちは自己保存、統一・一貫性という脳のクセによって、どうしても潜在的な力によって守りに入りがちです。これは高値圏でレートが停滞している状況からの上昇であったり、ブル相場に入って日足陽線続伸に全くついていけなくなります。ですので、MTFの精度を高めてそこに到達する前提でデイトレ計画に落とし込むこむ必要があります。

【実体重複、5・20日線拡散】ポンド円のエントリーポイント(10月5-6日)

2021年10月6日 ポンド円 最高のデイトレポイント

本ブログで何度もお伝えしている実体重複価格帯。上値・下値抵抗が少なく、大変伸びやすい価格帯のことで、デイトレの鉄板トレードポイントをポンド円でまとめていきます。

それにプラスして、エントリーラインを抜けたら5・20日線拡散がみえることもポイントです。

2021年10月6日 ポンド円 最高のデイトレポイント月足は上昇一服から押し目形成中で、週足は高値圏のレンジ。日足以下はその枠内で上昇モメンタムが高まっています。

4時間足のレジサポ転換帯(青四角)を抜けて、1時間足だと綺麗に反発を繰り返しています。これで下値固め完了と考えます。

続いて伸びしろについて。ポイントは1時間足の高値151.082円を抜けたら、日足・4時間足・1時間足の実体重複価格帯に入ることです。これは上値抵抗が少ないことを示しており、この価格帯に入ると素直に値が伸びやすいことを教えてくれています。

そして、高値水平線を抜けると5・20日線拡散が見えてきます。5日線と20日線の関係性を知ることで、日足の陽線・陰線読み精度が高まるのでおすすめです!

4時間足が上髭になっていますが、ダウは上昇へ転換しており、この上髭は1時間足の大陰線であり、この中身を15分足でみても、中身がスカスカなことがわかります。短期時間軸で実体の分析をしておくと、細かな節目が見えて反発ポイントが見えてきます。

トレードポイント
・目標値:152.053円、欲張って高値更新、152円からの値動き注意
・ロング1:151.082円、損切り1:150.735円
・ロング2:151.186円、損切り2:150.972円(トレンド形成加速を15分足で入る)
・決済:早朝に値動きが弱っているところ

ダウを最重視、水平線の支えをしっかり確認した上に実体重複がある。さらに水平線を抜けたら5・20日線拡散が見える。これはデイトレの鉄板になりますので、よろしければお役立てください。

→ 【FX・CFDデイトレ】最高のエントリーポイントの見極め方

【相場心理】相場観への意識が足りないからエントリー根拠を発見できない(ポンド円)

2021年9月24日 ポンド円 全体チャート

猛省をブログにしようと思いました。9月20日の急落からの回復局面、長期時間軸の節目からクロス円全般の強さをヒシヒシと感じる中、僕自身の相場観・目先感をないがしろにしてしまいました。

世界の株価指数が強くてあちらに集中していたのですが、クロス円のいずれも取れていないというのは、単に相場観からテクニカルへ落とし込む意識の欠如です。

9月23日のポンド円、テクニカルへ落とし込む

株式市場のリスクオフ=円買いはいまだに健在で、中国恒大の件とFOMC結果前から、完全に資金が抜けていくのに合わせるようにクロス円が売られ、その後のリスクオフの巻き戻しで急上昇に至っています。

確からしい相場観をもとに感覚でトレードをすることは厳禁です。チャートから得られる根拠からエントリー理由を明確にしていきます。

4時間足を軸にした順張り水平線トレーダーは、最低でも4時間足ダウが転換する流れがチャートに現れている通貨ペアを優先します。明らかにクロス円>ドルストの相場で、そのなかで小さな戻り高値を更新(レ点)していたのでポンド円でした。

2021年9月24日 ポンド円 全体チャート1時間足に注目してください。支持線で値固めする間に1時間足が収縮してから上昇し、高値を更新してから押し調整をしています。デイトレーダーとしてこれを完全に見逃していたことが、とても悔しいです。

  • 第一目標:150.098円
  • ロング1:149.637円
  • 損切り1:149.429円
  • ロング2:149.954円
  • 損切り2:イメージした値動きと異なる逆行をしたら即実行、または149.429円にロット管理して放置。このときは明らかに下がる流れに転じたら裁量も考えておく
  • ロング3:150.346円 急伸するときによく起こる売買攻防なので、5分足で追加を狙います。第一目標前で軽い反発に合いそうなのがあいそうなのが150.639円で、値幅も確保できています。
  • 損切り3:150.152円
  • 決済:151.335円上を推移しているときに一部、割ったら全決済が基本(日足以上の環境より)

クロス円をすべて捨てて株価指数に集中したわけですが、ヒシヒシと伝わってくる底堅さ、そして急落分を一気に埋めるかもしれないな。という思いは湧いていました。これをないがしろにしてしまった。。。僕自身の相場観への裏切りみたいなもので、これを猛省しています。

「テクニカルにはまるものの発見→トレード」「相場観からテクニカルへ落とし込む意識→トレード」のバランスを感じとりながら、より稼げる対象の選択を洗練させていきたいと思います。

ポンド円のエントリーポイント(9月14日)| 5,20日線拡散&4,1時間足の実体重複

2021年9月14日 ポンド円 全体チャート

先にまとめた「ドル円のエントリーポイント(9月14日分)| 2ピプスを丁寧に取りきる」と同じ時間にポンド円もロングできました。午前は株、日経225CFD、ドル円に集中で、ドル円よりもロングの環境が整っていたポンド円を完全に見逃していました。先日どこかの記事で、クロス円も丁寧に分析すると書いたばっかりなのに。深く反省したので、明日から強く意識して実行していきます。

さて、ポンド円の何が良いかと言うと、上向きの20日線を背景に、エントリーラインを抜けると5日線が上向きに変わるとともに5,20日線拡散が想像でき、さらには4時間足と1時間足の実体が重複して伸びやすい価格帯であることです。

デイトレで勝つ条件が揃ったポンド円チャート

2021年9月14日 ポンド円 全体チャート午前のエントリーラインが152.284円でその上をレートが推移する間に1時間足でも明確な高値152.447円を作りました。これを抜けたら5日線がクイッと上向きになって5,20日線拡散が想像できますし、1時間足チャートに示した通り、1,4時間MA拡散も見えてきます。そして152.536円まで4時間足と1時間足の実体重複で一気に伸びる価格帯です。9ピプスあれば余裕ですね。

目標は153.095円 その前の152.742はほぐせていない抵抗線かつ厚め抵抗帯なので、ここまで行けば十分です。買いは152.447円 損切りは152.237円 

152.742円まえで値動きが弱ってきたところで1/3決済。1時間足の実体がながく本トレードは加速足をとりにいくものなので、強い買いがはいって突き抜けることは想像し難いです。押し調整も深くなりやすいことから、手堅く一部利益を確保していきます。

波打ちが美しいですし、18時確定の4時間足形状が良く152.536円上で確定していることから、ここは全利確をあせらずにいくところ。押しからの反転上昇にはいったところに逆指値を移して様子見。20時に152.742円下で終値確定して、売りが入ってきたところで完全終了です。

NY時間もトレードされる場合は、ここは様子見したほうが良いかもしれませんね。利確は永遠の課題です。

ドルストとクロス円が弱い中、早く上昇に転じるとしたら | ポンド円のテクニカル分析(9月13日分)

2021年9月12日 ポンド円 全体チャート

株価下落でドルと円の両方が買われる流れは変わらず、9月11日NY市場クローズ時点で、ドルストとクロス円ともに節目近辺まで下落しました。東京時間におけるデイトレの基本姿勢は様子見となります。

日足以上のとおり、上昇してきたなかの深い押し調整なので、戻り売りができるかはこれから判断していくことになります。

さて、どれも弱い中ですので、仮にいち早く強くなるとすればという考えのもと、ポンドに注目しました。オージー、ユーロ、ポンドのいずれもクロス円>ドルストなので、ポンド円のマルチタイムフレーム分析(MTF)をしてみます。

ポンド円のマルチタイムフレーム分析

月足は2020年11月から7ヶ月間上昇を続けて、いまは押し調整過程の3ヶ月目です。足型的には上に伸びそうですし、下に押し込まれそうでもあります。週足は高値から下落の半値まで戻して十字線です。売っていくにも買っていくにも材料がほしい状況がチャートにあらわれています。

2021年9月12日 ポンド円 全体チャート日足以下は上昇モメンタムが高まっており、151.5円がレジサポ転換ラインとして働いているチャートになりました。

4時間足では4時間MAが上向いてきており、押し込まれた場合には151.75円あたりからの反発の強さを見ていきたいです。このあたりで強く反発して収縮、そのなかに1時間足のWが生まれてくると値幅あるロングを狙っていきやすいですね。

1時間足では前回のエントリーポイント151.956円まで全戻りです。短期上昇チャネルもあっさり割られています。MTFができていればきっちり利確して、次に備えているところです。短期時間軸で売買が交錯する価格帯に位置しています。

上昇に転じられるかどうかは先に示した水平線からの反発とともに、15分足の短期下降チャネルをうわ抜けるかも目安になります。4時間足の上昇ダウが崩れていないので、1時間足のダウが整ってくるかどうかを優先することはもちろんです。念の為ですが、チャネル、トレンドライン、移動平均線は補足で、最優先は長期時間軸を優先したダウと水平線です。

時間を有効活用するためにもわかりにくい環境はすてて、整ってくるだろう時間帯にチャートを開くくらいで良いかなと思います。