ユーロ円

日足逆張り時、4時間足ダウが明確に転換した通貨ペア選択の重要性

2021年10月23日 ユーロ円の日足逆張り押し調整チャート

明確な4時間足ダウの転換は絶対、そして1時間足の入りやすさ

急伸したあとには日足逆張りでも4時間足以下で調整に入る所をデイトレで狙っていけます。その際に4時間足ダウが明確に転換していることは絶対で、具体的にデイトレに落とし込んでいくときには1時間足チャートの流れ、エントリーしやすい形状も大切です。

今回はユーロ円とカナダ円が狙いやすく、ドル円も大丈夫な流れでした。エントリーポイントとして最後にユーロ円をまとめていますので、その他のチャートを先に確認していきます。

2021年10月23日 ドル円とカナダ円のチャートドル円とカナダ円の4時間足ダウは下降に転じており、支持体も溶かしていることからショートの対象。1時間足以下を見るとドル円は高値を切り上げており、カナダ円を優先。ユーロ円の1時間MAの傾きがより下に向いているので、ユーロ円を優先します。

また、原油高がが気になっていたこともあります。これまでの加ドルは原油高に牽引されていたので、どうしても原油先物の値動きをみて抵抗を感じてしまいました。

これは僕の課題で、FXのデイトレ局面においてはファンダ等を考慮しないと決めているものの、どうしても頭をかすめてきます。株をはじめてからこれが強くなってしまい、FXのデイトレ準備の段階でチャートを見る素直さ・純粋さが低くなっています。

これがキレの悪さ、思考ノイズになってストレスが増しているので、株で午前のトレード成績を飛躍させながらも、FXでもいままで通り稼ぎきっていく、この両輪のしっかり回していくことを課題として努めています。思考バランス、そしてトレード人生を最適化することは、一生つづくものだと考えていまし、これが苦と感じる時がありながらも、実は苦が成長の種で、あれこれ考えて乗り越えていくことこそが人生の充実だと考えています。

2021年10月23日 オージードルとオージー円のチャートオージードルとオージー円は4時間足ダウではデイトレでショート優勢ですが、1時間足以下の反発が強く高値を更新しており、買いの抵抗が強そうなので他の通貨ペアを優先します。

2021年10月23日 ポンドドルとポンド円のチャートポンドドルは4時間足は小さく安値を更新しているものの、他の通貨ペアと比べて明確なダウ転換とは言い難い状況。ポンド円の4時間足はデイトレーでショート狙える環境になりましたが、白単線からの反発は意識しておきたい環境で、他の通貨ペアを比べて優先順位は低くなります。

2021年10月23日 ユーロドルとドルフランのチャートユーロドルは高値圏保ち合いです。ドルフランは長期時間軸の節目に到達しており、日足のローソク足形状より売りが弱まっている状態で、ここから更に押し込んでいくデイトレは控えたいところ。

ユーロ円のトレードポイント

2021年10月23日 ユーロ円の日足逆張り押し調整チャート

【トレードポイント】
目標値:131.791円(強い支持線ではないので、130.928円に向かうことも考えておく)
ショート:132.458円、損切り:132.788円
決済:早朝に反転してきたところで全て

NY市場で材料が出て完全リスクオフ円買いにはなっていません。押し目買いを考えていく位置にあるので、スイングで一部保有をせずに完結です。

ユーロ円のエントリーポイント(9月30日、10月1日)| 長期トレンドに反する直線的な上昇は急落サイン

2021年10月2日 ユーロ円の急落チャート

ユーロ円の月足は上昇一服からの押し目調整、週足は下げ止まり見せるかのように2週連続陽線を立てそうでしたが、まだまだ上値が重たい環境。

そのような中、日足は急上昇から天井圏で9月30日早朝に陰線確定で4時間足がもみあいに入りました。このように長期時間軸のトレンドに反する直線的な急上昇からの下落、その後のもみ合いは、一旦長期トレンドに回帰する急落の典型例です

今回の急上昇に違和感を覚えられたか、そして急上昇の質の分析に入れたかがポイントとなります。

ユーロ円の環境認識とトレードポイント

2021年10月2日 ユーロ円の急落チャート日足は以前の陽線始値130.357円で損切りを巻き込んだ売り、そして追従の売りがはいって値幅ある下落になりました。今回もこの価格近辺が抵抗帯として働き、高値切り下げを強く意識させる陰線を一本確定。

4時足は、日足陽線始値129.815円で売買を交錯しており、129.990円のロング損切り価格あたりが上値抵抗になっています。ポイントは急上昇の質=強い支持線の有無を4時間足以下で分析することを意識できたかです。

基本的に強い支持線は直近にある複数ローソク足の高値で、一度もレートが刺さっていない、売買を交錯させていない水平線となります。過去に作られて、一回以上でもほぐされているものは強く働きません。

この観点でみると、129.815円でもみ合っている間に、数日前の高値は十分にほぐされていますし、その下は128.625円まで強い支持線がないスカスカの価格帯です。週足始値128.927円は価格節目129円からの新規買いも入ってくるでしょうからデイトレでは値動きをみていくところではあります。

そして4時間足以下のもみ合い中で上値が抑えられたままとなると、ショートを狙っていくのは当然の流れですね。

【トレードポイント】
・ショート1:129.684円 損切り1:129.960円
・ショート2:129.553円 損切り2:129.724円
・決済1:128.927円割った後の上昇時 決済2:再度割ったものの128.625円目指さず上昇に転じた時

MT4を愛用したFXとCFDトレードを自分に最適化できるか、もっと稼げるかを考え続けているわけですが、最近その効果を実感していることとして、1時間足を軸にしたエントリーと損切り設定があります。別記事でまとめましたので、よろしければご参考ください。

→ 【FX・CFD】1時間足でエントリーと損切り設定 | 細かな対処を捨てる

ユーロ円のエントリーポイント(9月21,22日)| 上髭から取れるのがデイトレのメリット

2021年9月22日 ユーロ円 全体チャート

日足の足型はデイトレにとって大変重要です。デイトレをする際にはその中身、実体内の構成を4時間足以下で調べて、支持線・抵抗線の存在を確認、押し・戻り目安の確認等をします。

その一方で細かなテクニカル分析をおいておき、日足の流れと足型をみて、本日どんな日足形状になるのかを想像し続けていくことが、デイトレで稼ぐことに役立ちます。

深い戻りに油断せず、再下落の準備

2021年9月22日 ユーロ円 全体チャート5日線と20日線が下へ拡散し、目線は完全に下向きです。

デイトレーダーのメリットは髭から取りきっていけること。心理・思考面のポイントを4時間足以下のダウで明確にできることです。ポイントは長期時間軸優先のダウを徹底して、1時間足以下の値動きに油断しないこと。4時間足のダウが完全にくずれるまで、4時間足を軸にしたデイトレーダーは、順張り方向を狙い続ける意識を保つことです。

テクニカル的なポイントは、9月20日の高値を時間足の小さな安値128.476円が割っていることです。小さな安値ですが、意味のあるところに安値が作られています。

  • 目標値:直近日足安値
  • ショートエントリー:128.476円
  • 損切り:128.703円
  • 決済:レ点(22日早朝の値動きがなくなったところ)

ユーロ円のエントリーポイント(9月16日)| より弱い通貨ペアを選択する重要性

2021年9月16日 ユーロ円 全体チャート

トレード対象を絞り込むのも良いですし、得意な手法が通用する通貨ペアを選択するのも良いです。今回は後者の利点がわかりやすかったので、まとめていきます。

なぜドル円ではないのか?なぜユーロドルではないのか?

ドル円は本日同じ時間帯に同じ入り方をしても結果的に伸びませんでした。ユーロ円と週足から比較されたり、100日線を表示してみたり、昨晩のNY時間に節目からの反発の強い買いが入っていたかを比べると目標値までにおける反対勢力の強さがみえてきます。

ユーロドルは1時間足が収縮していて下抜けしたら4時間足と1時間足の実体重複があるので、こちらでも良いですね。あとは好みの入り方、入る前の値動きなどで選択が分かれると思います。日足モメンタムが高まっていないので、ユーロ円の方が単純にわかりやすくて良いと思います。

ユーロ円のショートエントリーから決済まで

2021年9月16日 ユーロ円 全体チャート
5,20日線拡散が明らかで、目標値も明確。材料で暴落が起きないかぎり本日中に128.327円到達はないので、現実的に128.828円。価格節目の129円を気にはしておきます。

エントリーは129.168円 損切りは129.361円 129円抜けて戻りをいれますが、まだ16時前。とにかく力のある欧州勢は節目までやりきってくるので、様子をみておきます。その後に目標の128.828円到達。アンダーシュートするかみて、値動きが弱ったところで完全終了です。この価格帯は4時価足の青四角の通り抵抗帯となっているので、デイトレとしてはここで区切るのが良いと思います。

昨日の「ドル円のエントリーポイント(9月15日)| 強い支持帯ほぐし済み→5,20日線拡散へ」と同じ入り方、ほぼ同じ想定なので、合わせてご参考ください。

入る部分のみについてですが、この下抜けパターン(上抜けも同様)はそのまま走っていかないこともあり、入り遅れた場合は戻ってきて、始めのエントリー水平線下で上値を抑えられていることを確認してから入っていくこともできます。

EURJPY(ユーロ円)のエントリーポイント | 128円つけてからの戻り調整 | 8月23日

21年8月23日ユーロ円1時間足チャート

8月23日(月)、EURJPY(ユーロ円)のトレードポイントをまとめました。

ユーロ円の日足

21年8月23日ユーロ円日足チャート直近の日足安値を割り込んでから陽線が立ち始め、先週金曜日も安値圏で綺麗に下げ止まり陽線を確定させました。価格節目の128円をつけてからの反転上昇というのも、一旦の下落終了サインになります。

ユーロ円の4時間足

21年8月23日ユーロ円4時間足チャート金曜日の大陽線で直近の高値を明確に超えています。つまり、日足下降トレンドの中にあっても4時間足の上昇トレンド転換のデイトレが狙いやすい環境です。
なお本日のユーロドルは、デイトレでスケールさせていくことを考えると「日足下降トレンドで、4時間足戻り高値更新想定のデイトレードを控える」状況でした。

ユーロ円の1時間足

21年8月23日ユーロ円1時間足チャート損切を128.302円にして直近高値128.534円で買いです。目標は日足安値129.145円で、オーバーシュートして129.319円につけにいくところまで考えておきます。プライスアクションで利益を徹底的に追求していきます。

始まりがギャップダウンなのに”なのに”一気に上抜けるのは、NY時間の勢いを東京時間も継続する強いサインです。時間調整をしてWをつくると入りやすいですが、強いときのV字を想定しておく必要があります。
128.651でまで抵抗もなく、あそこで売り圧力がかかっても対処できる値幅もあります。

ユーロ円のの15分足

21年8月23日ユーロ円15分足チャート日足下降トレンドなので129.145円をオーバーシュートしたいいなくらいな感じでみています。その前に出来高も増えずプライスアクションも弱まったところで1/3利確。あとは15分足の安値(白単線)割れで全決済です。日足が上昇トレンドであれば、15分足が明確な安値を作ってからそこに逆指値しておいた方が良いです。

本トレードのポイントは日足に対する逆張りであっても、目標値に至るまでに長期勢力の邪魔が入らない環境であれば、4時間足の順張りトレードがリスクなくできること。その重要な判断材料として、4時間足が戻り高値を更新していることになります。あとは1時間足の高値抜け=4時間足の上昇転換確定で入っていくのみです。