オージードル

週初(1月31日)のFXデイトレ注目通貨ペア

2022年1月29日 ユーロオージー チャート

こんにちは、Kuan(クアン)です!
とにもかくにもシンプルな想定で再現性の高いFXのデイトレができるだろう注目通貨ペアを、しばらくの間、土曜日または日曜日に公開していきますのでお役立ていただけたら嬉しいです!

今回紹介するのは、日足の5日線と20日線が拡散する流れまたは拡散済みで、順張りでモメンタムに乗せていくことを想定した通貨ペアとなります。

参考記事:【FX・CFDデイトレ】最高のエントリーポイントの見極め方

EURUSD(ユーロドル)のデイトレ想定

2022年1月30日 ユーロドル チャート先週に続いて、ユーロドルのショートです。直近に強い支えのない宙ぶらりんの価格帯で終えています。週足と月足の足型的にも、価格節目の1.11ドルまで月曜日から続伸しそにも見えます。

1時間足では高値1.11436ドルの下に安値を作っており、31日(月)の欧州時間前あたりから割らせる流れに入るか注目します。

日本市場でジリジリ下げていく動きは完全に様子見をします。5日線と乖離しており、1時間足以下で強い自律反発が入りやすい環境なので、やはり下落再開を狙うには一旦のだましあげがあると入りやすいですね。

ただし、直近の1時間足高値を更新して1時間足の下降ダウが崩れたら、火曜日まで様子見が無難になりそうです。日足陰線実体内には強い抵抗線がないので、自律反発に勢いがつくと1.123ドルくらいまで一気に担がれる可能性があります。

ボラタイルな値動きの中に1時間足以下で買いと売りのどちらが優勢か表れてきますので、このあたりも意識しておくと良いですね。

EURAUD(ユーロオージー)のデイトレ想定

2022年1月29日 ユーロオージー チャート週足で三角保ち合いも意識される環境で1.60豪ドルが日足の節目と斜線が交錯するレートになります。ここからは逆張りで強めの新規売りも入ってくるでしょうし、2021年12月のロングでつかまっているしこりがあるので、利益確定の目安となります。

直近でデイトレの根っこロングが1.5855豪ドルなので、高値圏を維持して強い証拠です。いまは1時間足の小さな安値を更新しているので、基本のトレードは1時間足で高値を作って押してからとなります。この押したときに安値を更新しなければ理想的ですね。その際には新たに作られた1時間足の高値抜けがロングの目安となります。

1.60豪ドルまで50ピプス以上も値幅あるので、稼げますよ!

この想定が否定されるときはボラタイルになって1時間足でさらに安値を更新するでしょうから、明らかに1時間足以下で波形が乱れてきます。その際は時間調整にはいるので、1.5855豪ドル上でしっかりと押し目を入れてからの、日足上昇チャネルを目安にした再上昇を狙っていきます。

4時間足ダウが安値を作って更にその安値を更新するときには、1.5855豪ドルも割っているでしょうし、日足上昇チャネルの下ラインを割り込んでいるでしょうから、その過程で両方向を考えながらデイトレ想定をする展開です。

AUDUSD(オージードル)のデイトレ想定

2022年1月29日 オージードル チャート長期時間軸の節目となる0.70ドルに到達したものの、NY市場で強い買い戻しは見られていません。買いのプライスアクションが弱いので、31日月曜の東京市場から早速ショート狙いはしませんが、戻りにはいるときの買いの強さをみておくと、戻り売りが入ってきたときに崩れやすいかの目安になるので、来週も陰線になりそうかの一つの指標になりそうです。

0.7022ドル抜けでデイトレのショートが入っているので、まずはこのあたりで上値が抑えられるかをみていきます。その間に新たに1時間足で明確な安値を作ったらショートエントリーの目安になりますし、0.7022ドルを上抜けたら0.70606ドルを抵抗線として、時間軸を長くして同様の考え方でチャートを分析していきます。

伸び切っているように見えるから深い戻りが入るだろうと決めつけず、4時間足のダウが完全に転換するまでは、順張りデイトレでは戻り売りを狙い続けていきます。または4時間足のダウが完全に転換せずとも、長い時間調整にはいって方向感がなくなるようなら、いったんの大きな上昇を見せることも考えていきます。

USDJPY(ドル円)のデイトレ想定、月曜日は様子見が無難

2022年1月29日 ドル円 チャート先週に続いてドル円のロングです。日足・週足・月足より一旦休みをいれて月足を確定させたいように見えますね。1時間足の上昇ダウも崩れて高値圏レンジに入っているので、月曜日は完全に様子見が丁度良いと思います。ドルフランも同様の見方になります。

1時間足の水平線がしこりになっているので、これをいったんほぐして押してきたときの深さを見てから、または115円上でもみ合って時間調整をしてから再上昇に向かうか。このパターンなら月曜から早速上を試してくることになります。

一方で115円に勢いよくつっこむプライスアクションを見せたら、一旦調整したがっているサインです。もちろん、まだ押し調整のショートを狙う環境ではないので、4時間足の安値を更新して115円をほぐして戻りをいれてからショートを考えていくのが基本となります。

【偏った想定注意】オージードルのテクニカル分析でバランスを保つ(10月4日分)

2021年10月3日 オージードル 逆V字想定

デイトレは4時間足以下の値動きからその都度対処できるものの、日足以上の想定精度を高めること=長期時間軸で機能する節目水平線の見極め精度向上に繋がり、結果的にデイトレの成績向上へつながっていきます。

先程は資源国通貨の強まりから、ユーロオージーとドルカナダのテクニカル分析をアップしました。

僕自身は対象通貨ペアのみをみてあれこれ考えるよりも、他の通貨ペアをみることで思考の偏りがないかをさらに意識でき、バランス良く素直にチャートを見られるので、ご参考までにオージードルも簡単にまとめてみます。

日足トレンド回帰の逆V字下落を想定

2021年10月3日 オージードル 逆V字想定月足は上昇からの押し目形成中で足型的には押し込まれやすい流れの中、週足が十字線で始めは重要ですね。直近に強い支持線はなく、0.71195ドルから最初の強い買いが入りそうですが、デイトレには十分な値幅があります。

そして日足は下降トレンドの中における上昇で、下降チャネルを意識しながら値幅あるショートを取りきれるか。デイトレーダーとしては上値の抑えられ方を見ながら時間軸を考えて虎視眈々と狙っていくところです。

4時間足の始値0.72296ドルは4時間足以下にとっては強い反発を食らうので、デイトレはここまでの値幅を確保したレート、0.72473ドル抜けが1時間足以下で入っていく目安。時間軸を短くして、0.72671ドルで上値を抑えられるようなら、1時間足逆V字想定、4時間足陰線一本をまずは狙っていきます。

それから買いが弱ければポジションを保有して追加を考えていきますし、0.72473ドルが抵抗線として働く値動きになれば、0.71195ドルまでの下落、日足下降トレンド形成再開、10月陰線確定に向けた値動きにあります。

こうなると、先の記事ユーローオージーの第一想定は崩れますし、おそらく加ドルも弱っていますから、ドルカナダの第一想定も崩れます。

僕はこのように別の通貨ペアのチャートを素直に見ながら思考バランスを保つことに役立てています。一方でバランスを意識しすぎると、デイトレの局面で迷いが生じるので、時間軸をずらしながら想定の優先順位を明確にして、そのとおりなら実行。崩れるようなら対処していくことを心がけています。

日足下降トレンドとは反対に4時間足が上昇ダウ転換後からの急落時、デイトレするかの判断方法

2021年9月29日 オージードル 4時間足ダウ転換チャート

4時間足を軸にした順張りのデイトレードをする中で、日足トレンドとは反対方向に4時間足がダウ転換して、再度一気に日足方向へ4時間足ダウが戻されたとき、デイトレに適しているか迷わないようにするための内容です。

具体例として本日のオージードルのチャートで、ショートのデイトレをしない理由をまとめていきます。ロングも同じ考え方になります。

基本は4時間足以上の抵抗線に、時間をかけて抑えられたことを確認してから

2021年9月29日 オージードル 4時間足ダウ転換チャート基本は4時間足以上としたのは、概ね4時間足以上から、多くのトレーダーが意識する水平線を引けることが多いためです。

日足は長期時間軸の節目に到達して下降トレンドからレンジへ移行しつつあります。その様子が一時的な4時間足の上昇ダウへの転換(レ点の安値切上げ高値更新)に表れました。しかし、急落して一気に安値更新です。

このときに日足は下降トレンド寄りなので、ダウのみを考えるとデイトレではショートを考えていきます。このパターンで大切なことは、時間をかけて4時間足以上の抵抗線に抑えられたことを確認することです。

例えば昨日の記事「ナスダック100のトレードポイント(9月28日)| 4時間足ダウ急転換の狙い方」も同様の展開で、こちらは4時間足でも明確なレジサポ転換帯で綺麗に上値を抑えられています。

ナスダック100は時間調整の中で、1時間足でも明確なショートポイントを作っています。このように4時間足ダウを軸にした順張りをする場合、4時間足ダウの急転換には最新の注意を払う必要があります。

改めてオージードルのチャートを見ると、何が抵抗線として機能するか分からないチャートになってきています。画像は17時半ごろですが、午前に1.72522ドル下でボラが低下して上値を抑えられるか見ていましたが、ジリジリと上昇していました。

何が抵抗線として働くかわからない様子は、1時間足以下で顕著な乱れたローソク足形状に表れています。これは売買が交錯している証拠で、テクニカル的には両方向を考えながら分析していく状況に入っています。デイトレは完全に様子を見るところです。

改めて本記事のポイントは、日足トレンドとは反対方向に4時間足のダウが転換した後に一気に戻された場合のデイトレするかどうかの判断は、4時間足以上で意識される抵抗線に時間をかけて抑えられていることを確認して、その間に明確な1時間足の安値を作ることとなります。

4時間足戻り高値更新過程のデイトレは値幅出にくい | オージードル(9月10日分)

21年9月11日オージードルの全体チャート

4時間足の戻り高値更新過程のロング、戻り安値更新過程のショートはデイトレで値幅出にくく、もみ合う時間も長くなりがちなのでおすすめはできません。ただし、丁寧にみていけば取れるポイントがあるので、他に魅力的な通貨ペアがないときには一つの選択肢になると思います。9月10日のAUDUSD(オージードル)が良い例です。

4時間足の戻り高値更新想定の1時間足高値抜けロング

21年9月11日オージードルの全体チャート日足は上昇トレンド、急上昇一服で下げ止まりを見せる中、4時間足が小さな高値(レ点)を作りました。ただし、まだその前の高値(白単線)を更新していません。4時足を軸にした順張りデイトレならショートは様子見になるので、4時間足高値更新 想定 でロングの準備をします。1時間足高値0.73765は1つ目のポイントですが、順張りを徹底されていると現場では抵抗感があると思います。でも上試しにいくなという感覚です。ココで入るなら打診。この水平線を支持線にしてレートが推移しているのをみて、これは4時間足の高値更新へ向かう確信度が高まっていきます。

買いは0.7388抜け、損切はその下の安値 目標は 0.74396まで一気につけにいくかどうか、そしてその下の4時間足安値0.74262あたりは4時間足収縮している通り、強めの抵抗帯になります。

ところが、値動きが弱い。。デイトレで伸びるのは4時間足のトレンドがあるときで、本トレードは戻り高値更新想定であることを忘れてはいけません。なれないうちは15分足の安値で決済、想定を踏まえた上で値動きをみて判断する際は、まずは弱ってきたところ、安値を作って再度上値をためして高値更新できずに下がってきたところは期待を保有せず、全決済で良いと思います。また週足と月足を確認し、そして前日の日足型からも伸びにくい環境であることが分かります。

マルチタイムフレーム分析ができていると、このようなトレードができるようになります。ただし、デイトレは誰もが同じ方向性を意識できる通貨ペア・銘柄の選択が重要ですので、技術を駆使して特定のものを取り切ることの他に、単純に考えられる通貨ペアで値幅をとっていくという考え方も大切かなと思います。

この観点から同日のポンドドルは取りやすい環境だったので、よろしければ比較されてください。リンク先の下の方にまとめています。ちなみに、クロス円のほうがもっと良い環境でした。

→ ポンドドル(9月10日分)で仮想トレード

日足逆張りの初動を捉える方法 | 4時間足の戻り高値・押し安値更新を丁寧に見つける

21年8月23日オージードルのチャート

8月23日(月)からドルストレートで日足のトレンド形成が一旦終了しました。その終了初動を4時間足以下の順張りで捉える方法をまとめました。トレンド転換が起きましたが、初動をとらえる方法をまとめます。一例としてAUDUSD(オージードル)をあげていますが、その他のドルストレートも同じ考え方になります。

オージードルの日足から15分足チャート

21年8月23日オージードルのチャート日足は8月20日(金)に、キリ番0.71や週足節目で反発したことで、23日(月)にツッコミ売りが難しく感じます。デイトレでは売り目線でみる一方で、4時間足が高値を作るか観察しています。

20日作った高値が0.71497、そして23日の午前にこれをわずかながらに更新(レ点)しました。この事実確認をしてから、日足以上の節目に到達しているし、一旦日足のトレンド形成が終了するかもしれないなと考えて、両方向を狙うトレードへ切り替えます。

1時間足は明確に高値を更新しており上目線、0.71497上でレートが推移する中で0.7165の高値を作りました。この時点で0.7165上には強い上値抵抗もないですし、これを抜けたら1時間足と15分足のMA拡散がみえることから、ここに逆指値をおいていきます。

4時間足の高値が明確でないことから、現場では枚数はって入るのに抵抗があると思います。日足下降トレンドで、4時間足戻り高値更新想定のデイトレードを控えるでまとめたとおり、できれば4時足でダウがはっきりしている通貨ペアが良いですね。

なお、クロス円のほうが明確に4時間足戻り高値を更新しており、初動もとらえやすかったです。一例としてユーロ円のトレードポイントをまとめましたので、比較対象としてご参考ください。

→ EURJPY(ユーロ円)のトレードポイント | 128円つけてからの戻り調整 | 8月23日