FX

ドル円のデイトレ(2月10日)115.52円食い込み後に作られた高値抜け

2022年2月10日 ドル円 チャート

USDJPY(ドル円)のデイトレ想定と内容

https://twitter.com/kuanjpn/status/1491562455037886467?s=20&t=4ec7MctYIrT3C8KKm9yH9w

朝にツイートした通り、ダウの事実確認をしてからの基本の順張りトレードです。

1時間足でボラタイルになりやすい価格帯なので、東京市場が開いてからの高値追いをせずに、115.52円割れ(正確には1時間足高値の115.516円)でアラート設定をしておきます。

割れてきて様子を見ていると、ずっとチャートに残している※印115.457円上で買いが入り、15分足でも明確なWボトムを作りました

ドル円のデイトレポイント

2022年2月10日 ドル円 チャート

・第一目標値:高値更新、116円が理想。ただし、ジリジリ買われるチャートは崩れやすく、2の抵抗帯を一度もほぐしていないので警戒
・ロング:115.558円
・損切り:115.487円
・決済:日足高値115.689円を終値乗せできずに下落してきたところで1/4、安値割れで残り全て

長期時間軸の節目におけるジリジリした展開は警戒です。なんらかの拍子でナイアガラが起きることもしばしば。当然ですが損切り厳守です!

本記事はコメントをオープンにしたので、FXの水平線トレードに関するご質問を受け付けています(^^)。最下部までスクロールするとコメント欄が表れます。名前とメールアドレスも必要ありません。僕が承認をしてから公開される設定になっています。24時間以内にご回答するようがんばります!

ダウについての考え方や水平線の引き方などなど。この損切りトレードを材料にすると図もあって分かりやすいと思うので、これを元にするとご質問されやすいかと思います。

なお、トレード以外のことはご回答を控えますので、よろしくお願いします。少しでもFXの水平線トレーダーさんが増えていったらいいなと思っています(^^)

ドル円のデイトレ(2月8日午前)4時間足陰線実体埋め

2022年2月8日 ドル円 チャート

USDJPY(ドル円)のデイトレ想定と内容

https://twitter.com/kuanjpn/status/1490797997814616064?s=20&t=MUq1ZVjeQPvZjmXLZL94WA

「1時間足一応下降トレンドへ」 とツイートした通り、いまは逆指値エントリーして抜けたら放置して利を伸ばす ことを安心してできる相場ではないです。

ドル円はレンジに移っていきそうな中でも、まだ買いが優勢。そして支持帯114.9円辺りで綺麗に反発していることから、地合いを見ながらロング狙いです。

いまは日経225に引きづられやすい値動きで、あちらは東京市場9時開場と同時に仕掛けの売りから入ってくることもあり、本日をそれを見ながら売り崩されない事実確認をしてからとなります。

「淡々とドル円チャートのみに集中する!」でも良いですね。株やCFDを見すぎてノイズになってしまってはいけません。

4時間足を軸にした順張りの場合、明確な1時間足の高値のみに限定して逆指値するのなら、今回のトレードは様子見で良いと思います。

先のブログやツイッターでお伝えしてきたとおり、トレンドが微妙な環境の中、115.2円は1時間足のレジサポ転換帯で、その直下の高値抜けエントリーはリスクリワードの観点から避けるという判断です。

ドル円のデイトレポイント

2022年2月8日 ドル円 チャート

・第一目標値:高値更新、115.2円の抵抗帯、115.3円の抵抗帯に注意
・ロング:115.108円
・損切り:115.039円
・全利確:115.3円抜けて売りがでてきたところ(レ点)

ポジションを握って放置しておける相場が待ち遠しいですね!

※本記事は自己成長のため、現時点で理想とするデイトレポイントをまとめていることをご了承ください。その上でデイトレ想定などにお役立ていただければ幸いです。

ドル円のテクニカル分析 | デイトレは114.9円上のロング狙いから(2月7日分)

2022年2月5日 ドル円 チャート

USDJPY(ドル円)の年足と月足はどうなっている?

週足以下の分析のみ見たい方はこちらをクリック

ドル円年足の情報元:Kabutan(株探)

左がドル円の年足で右が月足です。クリックで拡大できます。年足は1月の下ヒゲがそのまま年足の下ヒゲとなってこのまま続伸しそうに見えますし、もう一回押してきてそうにも見えます。

月足は1月が十字線、2月の始値が1月終値の下から始まったことによって、上昇トレンド中の気迷い、一旦の押しとなりました。今は再上昇に向かっているわけですが、テクニカル的にこのまま1月高値を2月終値が更新するには力技に見えます。

始値が2月十字線上で始まれば十字線からの加速パターンでしたが、結果的にいまは上値の重たさが値動きに表れています。

ただし米国金利上昇を背景にしたドル高に進みやすい条件は整っており、どんどん突き上げていく超絶ブル相場もありえるということを頭に入れておきます。

僕たちFXデイトレーダーは4時間足以下のダウを確認してから淡々と狙い続けていくだけですが、本当に強いときには押し目待ちに押し目なしが続きますし、やはり高値圏からの続伸を狙う姿勢で構えていないと、その時を迎えた際にロングで入って行き難くなってしまいます。

以上をふまえて来週の値動きを考えていきます。

ドル円のテクニカル分析 | 規則正しい値動き継続

2022年2月5日 ドル円 チャートドル円の週足をみると高値圏に表れた首吊り線です。「ここで買ってしまうと、首を吊るくらい負けてしまう」意味合いで、大変印象の悪い相場用語ですね(^^;)。

今のドル円の週足首吊り線は、日足単位で利益確定の売りが増えて押し込まれ、その後の自律反発狙いの買いによってある程度戻したことを示しています。首吊り線の翌週以降は下落基調になることが多いため、とにもかくにも高値掴みしないように注意しなければいけません。

ここまでなら売り方が勢いづく弱気相場入り!のように思いがちですが、日足以下を見ると様子が変わってきます。

ドル円の日足は週足上昇チャネルの下限反発から保ち合いに入る流れですが、4時間足以下の上昇モメンタムが高まっており、それが日足そして週足以上へ波及していくかを考えていく状況です。

前回は青枠2の抵抗帯で抑えられ、今回は1の抵抗帯で抑えられるかを4時間足以下のダウで見極めていくことになります。

ドル円の4時間足は1の抵抗帯へ一度ハッキリと突っ込んでいます。もしここから軽い押し調整で再上昇に向かった際には、1の抵抗帯を上抜けやすい状態にはなっています。つまり、大口が買い資金を入れてくれさえすれば前回よりも一気に突き抜けやすい環境となりました。

ですのでドル円のロングを考える際には114.9円の支持帯を意識して下値を固めてからです。4時間足の青枠の通り、ここまでは支持帯・抵抗帯で反発するきれいな値動きでしたから、4時間足を軸にした順張りの場合、まずは支持帯反発から考えることになります。

一方でデイトレショートを考えていく際には、1の価格帯を抜けきれずに下に突っ込むボラタイルな値動きになってからです。こうなると1時間足で上値を抑えられながら明確な安値が作られるでしょうから、その後に高値を作ってからのネックライン抜けショートを狙えるかどうか。先の話になるので、このあたりはツイッターでフォローしていきたく思います。

僕たちデイトレーダーは4時間足ダウからの1時間足ダウへ、さらには15分足ダウへとバランスしながら抜けたら伸びる水平線を定めることに集中したいものです。

先に週足首吊り線を強調したのでロングへの抵抗感を抱いてしまったとしても、デイトレであればダウに沿って時間軸を短くしながら対処できるので、長期時間軸に足型にとらわれることなく淡々粛々と狙っていきたいですね!

ドルカナダのデイトレ(2月4,5日)4時間足以下のレンジ開放狙い

USDCAD(ドルカナダ)のデイトレ想定と内容

2022年2月5日 ドルカナダ チャートドルカナダの週足と月足は下降トレンド底打ちからのレンジ相場に入っており、その中で日足が押し調整から反発上昇するか?!といった状況でした。

4時間足以下はレンジで次の一手を探っている過程。その中で週足の節目1.265加ドル(日足のレジサポ転換線)上で下げ止まっており、レンジ上放れを想定できる環境でした。

レンジを開放を狙うのは、いつまで経っても難しいものです。相当丁寧に分析しないと、エントリーポイントがレンジの上限下限になることがあります。

天井掴みを絶対に避けなくてはいけない状況における本トレードのポイントは、1時間足の安値切り上げを確定する流れに入ったことです。これが見えなければ絶対にロングしません。

1時間足の小さな高値1.2684ドルを抜けたら強い抵抗線はないので、直近高値1.27146ドルまでスルスル伸びていき、4時間MAと1時間MAが拡散する(黄△)イメージを持って入っていきます。

・第一目標値:1.27146加ドル、日足のしこり1.27385加ドルに注意、日足高値1.2796加ドルに到達できるか?!
・ロング:1.26840加ドル
・損切り:1.26622加ドル
・全利確:5分足値動きをみながら日足高値目前で失速したところ(👍)1時間足高値を更新して下落してきたところ。

ドルカナダの利益確定ポイント、5分足のモメンタムの見方

逆指値の基本はエントリー時間軸の安値割れです。今の環境は週足月足がレンジ、日足以下からの上昇を週足以上に波及させられるかどうか。つまり上値が重たく、伸び続けていきにくい環境です。

理想としては日足高値1.27960ドルをオーバーシュートして押されてくるイメージを描きますが、そこに到達せずに弱いプライスアクションを見せたら全決済でも良いと思います。

トレンドがない環境で利確に迷わないために活用できるのが5分足です。大口がやりにいくときは5分MAを割ることなく目安となる水平線を突き抜ける傾向にあります。

今回はティック回数を増やして高値圏でボラタイルになり、売り方も相当抵抗している状態です。そして5分MAを割ってきました。この価格帯が1時間足以下のレジサポ転換帯になりうるので、売り方が勝つと1.27146加ドルまでは落ちてくることも考えれました。

繰り返しになりますが、週足以上の環境を完全に把握しているから日足がさらに続伸していく大陽線に期待しない、だから5分足のプライスアクションで全決済もベターという考え方になります。

※本記事は自己成長のため、現時点で理想とするデイトレポイントをまとめていることをご了承ください。その上でデイトレ想定などにお役立ていただければ幸いです。

ドルカナダのデイトレ(2月3日)レンジ内順張りを丁寧に取りきる

USDCAD(ドルカナダ)のデイトレ想定と内容

本トレードのポイントは狭いレンジ内でも順張りで狙える価格帯の見極めです。ただし長期時間軸と目線が一致した環境ではないので、必ずロットは控えめにします。

週足でも確認できる節目に到達してから下げの勢いが明らかに低下して、4時間足でもはっきりした陽線を作っていました。1.264ドル上でレンジへ移るなかで、1時間足のダブルボトムが見え始め、ネックライン抜けたら一旦は高値更新を目指す環境です。

ドルカナダのデイトレポイント

2022年2月4日 ドルカナダ チャート

第一目標値:値動きを見ながら、1時間足高値を更新して伸ばせるところまで。
ロング:1.26887ドル
損切り:1.26720ドル
全利確:1時間足高値を更新して下落してきたところ。

日足も4時間足もトレンドがない環境なので、値動きが弱ったら速やかに全決済です。1時間足以下でボラタイルになる状況なので、エントリー時間軸の安値割れに逆指値して放置だと、利益をごっそり減らすことが多いです。

モメンタムにのるデイトレを得意とされる方におすすめできませんが、ダウを徹底したデイトレ好きな方へは、数量管理をした上でおすすめできます。

メガロット一極集中派の方は完全にパスするトレードですね W なおWTI原油先物は高値を更新しています。

※本記事は自己成長のため、現時点で理想とするデイトレポイントをまとめていることをご了承ください。その上でデイトレ想定などにお役立ていただければ幸いです。

ポンドドルのデイトレ(2月2日)抵抗線がない価格帯を見極める

ポンドドルのデイトレ想定と内容

本トレードのポイントは、4時間足以下のテクニカル分析で抵抗線がない価格帯を見極めることです。

日足をみると戻り売りが入りそうに見えていましたが、特段長期勢力が売りたい価格帯(値幅がとれない)ではありません。4時間足以下の上昇モメンタムが高まっているので、相当な大口でない限り下落インパクトを与えることも難しい環境です。

注目すべきは1.355ドルまで日足と4時間足の実体が重複していること。つまり、4時間足以上では売買がこなされておらず強い抵抗線が存在しないことを教えてくれています。

そして4時間足の古い高値1.35255ドルの上に、直近で1時間足の高値1.3528ドルが作られました

ポンドドルのデイトレポイント

2022年2月3日 ポンドドル チャート

第一目標値:1.355ドル
ロング:1.3528ドル
損切り:1.35164ドル
全利確:上昇チャネルオーバーシュートしてから下落時

4時間足を軸に基本を徹底した順張りトレードです。日足のしこりがある1.36ドル前から売りが降ってきました。利確の基本はエントリー時間軸の安値割れです。今回については日足しこり近辺で上昇チャネル超えてから下落、そのときのプライスアクションより安値割れをまちません。

ポンドドルの5分足チャートでベターな利確を考える

下図の5分足をみると分かりやすく、ティック回数が急増しています。これは売買が活発になっていることを表し、売りが増えていることを教えてくれています。よって、デイトレであれば日足を優先してここで全区切りがベターだと判断します。

利益確定は意見が分かれるところなので、一貫して安値割れも良いと思います。

※本記事は自己成長のため、現時点で理想とするデイトレポイントをまとめていることをご了承ください。その上でデイトレ想定などにお役立ていただければ幸いです。

ドルカナダのデイトレ(2月1日)

2022年2月1日 ドルカナダ チャート

ドルカナダのデイトレ想定と内容

WTI原油先物が強いのでカナダ円のロング狙いと合わせて、ドルカナダの流れをみていました。カナダ円は4時間足のダウが整っていない一方で、ドルカナダは日足上昇トレンドの押し調整の中、高値切り下げ安値更新が綺麗に表れていました

欧州時間に入ってからの値動きはカナダ円が強く、ドル円が弱い。1時間足の安値割れでドルカナダに値幅が出やすい状態でした。

ドルカナダのデイトレポイント

2022年2月1日 ドルカナダ チャート

目標値:1.26441ドル
ショート:1.26926ドル
損切り:1.27223ドル
全利確:1.26623ドル到達から値動き弱ったところ

損切り設定についてですが、本トレードは日足上昇トレンドの押し調整狙いの中、4時間足の上昇半値上にレートがあり、15分足以下でボラタイルになる可能性も考えられました。

ですので切らされることを避けるために、エントリー時間軸である15分足の二つ上の高値に設定してリスク回避しています。

4時間足で買いが入った1.26714ドルの値動きに注意しましたが特に何もなく、続いて日足始値の1.26223ドルから値動きをみていると、さらに押し込むかどうかのはっきりしない値動きになったところで終了です。

上記の通りの想定なので、ここは持ち越さずに全て区切るのがベターだと考えています。

※本記事は自己成長のため、現時点で理想とするデイトレポイントをまとめていることをご了承ください。その上でデイトレ想定などにお役立ていただければ幸いです。

ドル円のテクニカル分析とデイトレ想定(2月1日分)

2022年2月1日 ドル円 チャート

ドル円のテクニカル分析

2022年2月1日 ドル円 チャート2022年1月のドル円、月足が十字線になりました。本日の始値が終値の下なので、一旦は下落しやすくなります。

先週足はもみ合ってからの上値開放ではないので、やはりこちらも一旦は押されやすい流れです。長い実体内は売買がこなされていない表れ、つまりその時間軸で強い支持線がない価格帯なので、高値で掴まないように注意する必要があります。

日足は売り優勢でしたが、ここからどうなるかといったところ。1月4日高値から24日安値の半値戻り付近にレートがあり、デイトレーダーとしては待ちの時間、4時間単位で確認するくらいが丁度よさそうですね。

4時間足は高値切り下げ安値更新で、上昇ダウから下降ダウに転換しました。ただし長期時間軸は上昇一服で次の一手を探っていく過程です。4時間足を軸にした順張りは戻り売り狙いですが、長期時間軸の節目を明確にして、そこまでの値幅を確保したトレードを徹底すべき環境です。

ドル円のデイトレ想定を1時間足で確認

基本のショート、レジサポ転換帯下でWトップ確認

2022年2月1日 ドル円 1時間足チャート 戻り売り狙い時間の都合上、基本の狙い方のみになることをご了承ください。4時間足の下降ダウ転換が、1時間足ではレジサポ転換帯(青)の下にレートが入って分かりやすくなっています。この下で上値が抑えられて、高値を切り下げたダブルトップを作ったら、そのネックライン抜けでショートとなります。

目標値は長期時間軸の節目114.5円(青枠、Goodサイン)あたりです。先のテクニカル分析の通りの環境なので、この辺りに到達したら全決済が良いですね。

実際には直上のレジサポ転換帯に上昇して食い込んできたり、上抜いて叩かれたり、はたまたジリジリ下げたりなど、長期と短期の方向性が一致しないときは複雑な値動きになりがちですので、ツイッターでフォローできたらと思います。

基本のロング、どこでWボトムを確認するか

こちらも基本の狙い方のみになることをご了承ください。短期時間軸で売りが優勢となり、114.5円あたりまで下落すると売買が交錯しだします。その際に安値を切り上げたダブルボトムを作ったら、そのネックライン抜けでロングとなります。

また、今のレートの上にあるレジサポ転換帯に突っ込んで売買を交錯させながら安値を切り上げる流れに入っても同様の考え方です。チャート形状は複雑になると思いますが、高値圏を保っているのは強い証拠ですし、長期時間軸は上昇一服で再度買い優勢に変わっていきやすい環境なので、高値圏からの続伸狙いとなります。

こちらもデイトレの軸となる1時間足のダウの状況をツイッターでフォローしていけたらと思います。

ドル円のデイトレ(1月31日東京時間)

2022年1月31日 ドル円 チャート

ドル円のデイトレ想定と内容

2022年1月31日 ドル円 チャート
昨日の想定の通り、東京時間前までのドル円は日足・週足・月足より一旦休みをいれて月足を確定させたいように見えていましたが、8時過ぎに高値を更新したことで、日経225CFDとリズムを合わせて短期上昇をとることに切り替え

参考:週初(1月31日)のFXデイトレ注目通貨ペア

日経225CFDのV字狙いでも良かったのですが、長期時間軸を優先したダウの観点から、値幅なくてもドル円を着実に取り切ることを大切にする。

ロングポイント:115.377円
損切り:115.221円
利確:5分足安値割れする前の陰線押し込み過程

いまのドル円はボラタイルな指数につられやすい環境なので、東京市場で監視できる方のみのデイトレポイントですね。値動きみていると、まだまだ伸びるかもしれないですし、全戻りするかもしれない様子です。115.377円上から仕切り直していきます。

※本記事は自己成長のため、現時点で理想とするデイトレポイントをまとめていることをご了承ください。その上でデイトレ想定などにお役立ていただければ幸いです。

週初(1月31日)のFXデイトレ注目通貨ペア

2022年1月29日 ユーロオージー チャート

こんにちは、Kuan(クアン)です!
とにもかくにもシンプルな想定で再現性の高いFXのデイトレができるだろう注目通貨ペアを、しばらくの間、土曜日または日曜日に公開していきますのでお役立ていただけたら嬉しいです!

今回紹介するのは、日足の5日線と20日線が拡散する流れまたは拡散済みで、順張りでモメンタムに乗せていくことを想定した通貨ペアとなります。

参考記事:【FX・CFDデイトレ】最高のエントリーポイントの見極め方

EURUSD(ユーロドル)のデイトレ想定

2022年1月30日 ユーロドル チャート先週に続いて、ユーロドルのショートです。直近に強い支えのない宙ぶらりんの価格帯で終えています。週足と月足の足型的にも、価格節目の1.11ドルまで月曜日から続伸しそにも見えます。

1時間足では高値1.11436ドルの下に安値を作っており、31日(月)の欧州時間前あたりから割らせる流れに入るか注目します。

日本市場でジリジリ下げていく動きは完全に様子見をします。5日線と乖離しており、1時間足以下で強い自律反発が入りやすい環境なので、やはり下落再開を狙うには一旦のだましあげがあると入りやすいですね。

ただし、直近の1時間足高値を更新して1時間足の下降ダウが崩れたら、火曜日まで様子見が無難になりそうです。日足陰線実体内には強い抵抗線がないので、自律反発に勢いがつくと1.123ドルくらいまで一気に担がれる可能性があります。

ボラタイルな値動きの中に1時間足以下で買いと売りのどちらが優勢か表れてきますので、このあたりも意識しておくと良いですね。

EURAUD(ユーロオージー)のデイトレ想定

2022年1月29日 ユーロオージー チャート週足で三角保ち合いも意識される環境で1.60豪ドルが日足の節目と斜線が交錯するレートになります。ここからは逆張りで強めの新規売りも入ってくるでしょうし、2021年12月のロングでつかまっているしこりがあるので、利益確定の目安となります。

直近でデイトレの根っこロングが1.5855豪ドルなので、高値圏を維持して強い証拠です。いまは1時間足の小さな安値を更新しているので、基本のトレードは1時間足で高値を作って押してからとなります。この押したときに安値を更新しなければ理想的ですね。その際には新たに作られた1時間足の高値抜けがロングの目安となります。

1.60豪ドルまで50ピプス以上も値幅あるので、稼げますよ!

この想定が否定されるときはボラタイルになって1時間足でさらに安値を更新するでしょうから、明らかに1時間足以下で波形が乱れてきます。その際は時間調整にはいるので、1.5855豪ドル上でしっかりと押し目を入れてからの、日足上昇チャネルを目安にした再上昇を狙っていきます。

4時間足ダウが安値を作って更にその安値を更新するときには、1.5855豪ドルも割っているでしょうし、日足上昇チャネルの下ラインを割り込んでいるでしょうから、その過程で両方向を考えながらデイトレ想定をする展開です。

AUDUSD(オージードル)のデイトレ想定

2022年1月29日 オージードル チャート長期時間軸の節目となる0.70ドルに到達したものの、NY市場で強い買い戻しは見られていません。買いのプライスアクションが弱いので、31日月曜の東京市場から早速ショート狙いはしませんが、戻りにはいるときの買いの強さをみておくと、戻り売りが入ってきたときに崩れやすいかの目安になるので、来週も陰線になりそうかの一つの指標になりそうです。

0.7022ドル抜けでデイトレのショートが入っているので、まずはこのあたりで上値が抑えられるかをみていきます。その間に新たに1時間足で明確な安値を作ったらショートエントリーの目安になりますし、0.7022ドルを上抜けたら0.70606ドルを抵抗線として、時間軸を長くして同様の考え方でチャートを分析していきます。

伸び切っているように見えるから深い戻りが入るだろうと決めつけず、4時間足のダウが完全に転換するまでは、順張りデイトレでは戻り売りを狙い続けていきます。または4時間足のダウが完全に転換せずとも、長い時間調整にはいって方向感がなくなるようなら、いったんの大きな上昇を見せることも考えていきます。

USDJPY(ドル円)のデイトレ想定、月曜日は様子見が無難

2022年1月29日 ドル円 チャート先週に続いてドル円のロングです。日足・週足・月足より一旦休みをいれて月足を確定させたいように見えますね。1時間足の上昇ダウも崩れて高値圏レンジに入っているので、月曜日は完全に様子見が丁度良いと思います。ドルフランも同様の見方になります。

1時間足の水平線がしこりになっているので、これをいったんほぐして押してきたときの深さを見てから、または115円上でもみ合って時間調整をしてから再上昇に向かうか。このパターンなら月曜から早速上を試してくることになります。

一方で115円に勢いよくつっこむプライスアクションを見せたら、一旦調整したがっているサインです。もちろん、まだ押し調整のショートを狙う環境ではないので、4時間足の安値を更新して115円をほぐして戻りをいれてからショートを考えていくのが基本となります。