デイトレ

大発会の海運株、前のめりに注意!

海運三社の日本郵船(9101)、商船三井(9104)、川崎汽船(9107)の中で一番チャートが強い商船三井を例にして、1月4日大発会の注意点をまとめます。

12月足は出来高が激増した9月上髭 ...

デイトレ

日本電解のデイトレ想定と内容

・EV関連として田中化学研究所(4080)とともに日本電解も追跡中。気配値は弱く見せられてから寄り直後に向けて強くなり問題なし。ただし、田中化研と同じく日経225が急落していたことから寄り付いてからは様子見 ...

デイトレ

田中化学研究所のデイトレ想定と内容

・EV関連を監視しており、そのなかでも田中化研だけ気配値が以上に強かった。本日公にされた材料を知っていた大口がいたようだ。ただし、日経225CFDが上昇しようとするも上値をおさえられて、28500円に ...

デイトレ

野村マイクロサイエンスのデイトレ想定と内容

・通常の出来高が10万強/日で絶対にデイトレ対象にしない銘柄だが、好業績かつテーマ性、日足以上は美しい上昇チャート。本日レンジを上抜ける想定で、持ち越しはしないが出来高少ない銘柄でもスイングの ...

デイトレ

田中化学研究所のデイトレ想定と内容

・EV関連として注目する小型株。出来高は200万株/日以上になるので、デイトレとして問題なし。
・2日連続で陰線かつ気配値が弱かったことから、前場はデイトレ対象外。寄り付きから10時までに15 ...

デイトレ

東京市場の地合い、日経225CFDから前のめり注意報

日経225CFDの始まりがギャップダウンで前日終値が抵抗線になる。日足は急落からほぼ全戻りを達成しており、仮下降トレンドラインを意識した売りも入ってくる。デイトレーダーは完全に押し目 ...

テクニカル分析,ドル円

ドル円の月足と週足チャート

まずは2022年急上昇の寅年相場を想定して、急騰初動から狙う姿勢で臨みます。103円から110円、110円から117円の7円幅です。その際の月足イメージは2021年1月から安値からの3ヶ月間の上昇が参考になり ...

テクニカル分析,日経225

寅、千里を走るか?!

相場格言として「寅千里を走り・・・」とありますが、過去の寅年は成績ワーストであることが既に広く知られています。

参考:「寅、千里を走る」は本当? 相場のアノマリーを知る

寅年相場、初動がどち ...

スイング

株の持ち越しで寄り付きギャップアップを狙う条件

1.日経225との連動性が高い東証一部上場の大型株である。
2.対象銘柄の日足が上昇トレンドで、できる限り安値切り上げ高値更新が綺麗に保たれている。日経レバ(1570)など日経22 ...

スイング

株の持ち越しで寄り付きギャップダウンを避ける方法

1.日経225と対象銘柄ともに、週足以上のテクニカル分析で長期時間軸の抵抗線を明確にする。大引けに向けて日足終値がどこで確定するか、ローソク足形状、週末に向けた週足のローソク足を想定する ...