虫の鳴き声が消えた日 | 自然が今を生きることの大切さを教えてくれる

2020/11/06

遺伝子に刻まれているのでしょうか。冷え込みが一層厳しくなったのに合わせて、虫の鳴き声が一切聞こえませんでした。

2日までは三種のハーモニーだったのに、昨日は一種がほそぼそと。

11月4日の瞑想記録 → 【諸行無常】虫の鳴き声が「今を生きる」大切さを教えてくれる

乾いた空気の擦れる音をより強く感じました。

あらゆるものとのご縁で、穏やかな環境、そこに一つの命があり、この命に健やかな体が宿っている。僕が天へと命を運んでいける。

空を見上げれば、雲ひとつない天にかがやく星たち。その存在が純粋で、ただただ輝いている。だから、心を奪われる。

今日はゴミ捨ての日。4時頃なので誰もいない。外の空間を独り占め?!できる贅沢な時間です。

改めて、今を生きることの大切さを、純粋な虫と星から教えてもらえました。

天気:雲ひとつない天空に星が輝いている☆
月の形と位置:更待月、239.6559°、西南西、70.6520°
瞑想の終了時刻と時間:4:01、20分間(お祈りを含む)
室温と湿度:17.3℃、56%