【欲で調和を乱す】マインドフルネス瞑想の記録(10月24日)

いつも通り自分の中心をとらえた後、呼吸への意識からも離れた心地よい状態から外へと意識を向ける。

冬の訪れを感じる、肌寒くも、程よく心身を引き締める空気を全体で感じる。

人々の活動が始まる前、空気がすれる音。絶対的な静けさの中に響き渡る虫たちのハーモニー。

彼らは命をつなぐため、今を一生懸命に生きている。純粋な存在は美しい。

彼らが僕を導くかのように、外の世界と調和していくような感覚が広がる。

そして僕が包まれ、僕自身が包み込んでいくような一体感を感じ取れる。

そのときに「もっと深く入りたい。。。」 

欲によって、調和が乱れた感覚が生まれてしまった。んー、いい感じだったのに(^^;)

世界が僕を受けれいてくれるような、包み込んでくれるような感覚。

この深みを感じ取れるようになり、そこに入っていこうとしない自分もいる。

僕のマインドフルネス瞑想は、いまこんな状態です。

天気 曇り
終了時 3時頃、18分7秒間、室温20.4度、湿度68%